2014.05.02

ELベスト4敗退のユヴェントス指揮官「本当に失望している」

ユヴェントスのコンテ監督 [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ準決勝セカンドレグが1日に行われ、ユヴェントスはホームでベンフィカと0-0で引き分けた。アウェーでのファーストレグを1-2で落としていたため、1分け1敗で準決勝敗退となった。

 アントニオ・コンテ監督は試合後、「今日は何かがうまくいかなかった」とコメント。ベスト4敗退を悔やんだ。『UEFA.com』が伝えている。

 コンテ監督はスコアレスドローの結果を、「運にも見放されたのは残念。ベンフィカの守備は実に堅かったから、40分くらいしかプレーさせてもらえなかったと思う」と表現。「相手は数えるほどの枠内シュートだったけれど、決勝に進んだ。これがサッカーというもの。自分達にできることは全てやった」と語ったものの、「我々は決勝に進むに値しただけに、本当に失望している」と落胆も明かした。

 また、「選手達は精いっぱい頑張った」と称賛しつつ、「ベンフィカはファーストレグの幸運を生かしたということ」と勝者について言及した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る