2013.11.08

フィオレンティーナが終盤2発で逆転勝利、EL決勝T進出決定

 ヨーロッパリーグ・グループステージ第3節が7日に行われ、グループEではパンドゥリ・タルグ・ユ(ルーマニア)とフィオレンティーナが対戦した。

 開幕3連勝でグループ首位のフィオレンティーナは、敵地での一戦で先制点を献上する。32分、パンドゥリのエリック・ペレイラが、左からのクロスにバイシクルシュートで合わせ、鮮やかにゴールネットを揺らした。前半はパンドゥリの1点リードで終了した。

 1点ビハインドを負ったフィオレンティーナは、選手交代で打開を図るが、なかなか得点を奪えず、試合は終盤に突入。同点ゴールは86分だった。マトス・ライデルが右サイドからのグラウンダーのクロスに合わせた。さらに92分、スルーパスに反応したボルハ・バレロが右足シュートを決め、逆転。2-1でフィオレンティーナが勝利を収めた。

 終盤の2得点で逆転勝利を収めたフィオレンティーナは、開幕4連勝。勝ち点を12に伸ばし、グループステージ突破を決めた。一方のパンドゥリは、1分け3敗の勝ち点1で、グループステージ敗退が決まった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る