2013.09.20

敵地で勝利のスウォンジーMFミチュ「退場処分が勝負の分かれ目」

ミチュ
チーム2点目を決めたスウォンジーのミチュ [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ・グループステージ第1節が19日に行われ、グループAではバレンシアとスウォンジーが対戦。アウェーのスウォンジーが3-0で勝利を収めた。

 試合後、スウォンジーのスペイン人MFミチュが勝利を振り返った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。ミチュはチーム2点目を決めた。

「退場処分(10分にバレンシアのフランス代表DFアディル・ラミが退場)が勝負の分かれ目になって、すぐにゴールを奪うことができた。この難しいスタジアムで無失点に抑えることができたのは、チームとしてよく戦った証拠だ。3点を奪えたことも本当にうれしい。確かに(ラミへの)レッドカードが追い風になったけど、自分たちは勝利に値していたと思う」

「戦う相手に関係なく、僕たちは良いサッカーをしようと心掛けている。メスタージャ(バレンシアの本拠地)でゴールを決めて、勝利を収めたんだ。気分は最高だよ」

 10月3日に行われる第2節では、バレンシアはアウェーでクバン・クラスノダル、スウォンジーはホームでザンクトガレン(スイス)と対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る