FOLLOW US

ベティスのメル監督、ELグループリーグ進出に「ここから今シーズンが始まる」

EL本大会に進出したベティスを率いるペペ・メル監督 [写真]=Getty Images

 29日、ヨーロッパリーグのプレーオフの全日程が終了し、セビージャはシロンスク・ヴロツワフ(ポーランド)に、ベティスはヤブロネツ(チェコ)にそれぞれ圧勝し、揃ってグループリーグに駒を進めた。リーガ・エスパニョーラからは、これにグループリーグからの出場となるバレンシアを加えた3チームが、決勝トーナメント進出を賭けて戦うことになる。

 1週間前に行われたホームでのファーストレグに4‐1で快勝したセビージャは、この日行われたアウェーでのセカンドレグも5‐0で圧勝し、合計スコア9‐1として余裕の勝ち上がりを決めた。一方、アウェーでのファーストレグに2‐1で競り勝ったベティスは、ホームでのセカンドレグに6‐0で圧勝し、合計スコア8‐1としてグループリーグ進出を決めた。

 セビージャのウナイ・エメリ監督は、セカンドレグ後の会見で試合を振り返ると共に、早くも今後の戦いに目を向けた。

「セビージャはこの試合でも、完全な優位性を示すことができた。予想していた通り、我々は徐々にペースが上がり、相手は徐々にペースが落ちた。ELグループリーグ進出というシーズン最初の目標を達成することができ、満足している。チームはこの大会で可能な限り上位に進出するという野心に満ち溢れている」

 一方、ベティスのペペ・メル監督は、本大会出場を意味するグループリーグ進出に喜びを爆発させた。

「我々は本日、昨シーズンを終えた。ここから今シーズンが始まる。昨シーズンの成果を形あるものにするには、絶対にプレーオフを勝ち進まなければならなかった。3年前の就任時に言った通り、ヨーロッパの舞台に立つのは私の夢だったが、それがついに実現した」

 30日にはグループリーグの組み合わせ抽選会が行われ、セビージャはグループHでフライブルク(ドイツ)、エストリル(ポルトガル)、リベレツ(チェコ)と対戦。ベティスは、グループIでリヨン(フランス)、ギマラエス(ポルトガル)、リエカ(クロアチア)と対戦。バレンシアはグループAでスウォンジー(イングランド)、クバン・クラスノダル(ロシア)、ザンクト・ガレン(スイス)と対戦する。

ヨーロッパリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA