2013.05.16

EL優勝を喜ぶチェルシー指揮官「全ての関係者にとって特別な夜」

チェルシーをEL制覇に導いたベニテス監督 [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ決勝が15日に行われ、ベンフィカとチェルシーがオランダのアムステルダムで対戦。1-1で迎えた後半ロスタイムに、チェルシーのブラニスラフ・イヴァノヴィッチがフアン・マタの右CKからヘディングで勝ち越し点を挙げ、チェルシーが2-1で勝利を収めた。チェルシーはヨーロッパリーグ初優勝で、昨シーズンのチャンピオンズリーグに続き、2シーズン連続でのヨーロッパのカップ戦制覇を果たした。

 チェルシーのラファエル・ベニテス監督が、優勝を振り返ってコメントした。『UEFA.com』が伝えている。

「チェルシーの全ての関係者にとって特別な夜だ。決勝に進出して、勝利を収めたのだから、誰でも幸せだよ。とはいえ私は、この仕事を引き受けてから6、7カ月しか経っていないから、勝敗にはそれほどこだわっていなかった。我々は来る日も来る日も、自分たちのやるべきことをやってきた。きっとベンフィカも同じだろう。彼らはすばらしいチームだよ。我々が今までのような強さを見せつけられなかった理由の1つはそれ(ベンフィカの強さ)だ。また、この試合は、今シーズンの69試合目でもあった。ベンフィカが全体を押し上げてくることは分かっていたので、戦術も少し変えなければならなかった。相手のプレースタイルを逆手に取りたかったからね」

「フェルナンド・トーレスの活躍は本当にうれしかった。彼はテクニカルスタッフと力を合わせて、コンディションを上げるために努力を重ねていたからね。彼がゴールを決めてくれたこと、そしてチームが勝ったことは本当にうれしい。ベンフィカは非常に優れたチームだ。セットプレーが危険で、すばらしい監督と選手がいる。自分たちのサッカーに自信を持っていて、あれほどの力を持つチームを倒したことで、我々の勝利の価値がさらに高まった」

「チェルシーというチームは若く、まとまるために時間が必要と思われていたに違いない。選手たちはファイトし、ハードワークを続け、見事に期待に応えてくれた。私の成功については、周囲の評価による。チームを1つにし、負傷者をやりくりする点については良くできたと思う。自分たちがやろうとしていることを理解してもらうには、勝利が必要になる。我々が勝ったことで、誰もがそれを分かってくれたと願いたい」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る