FOLLOW US

先制点を挙げたF・トーレス「ランパードのパスがすばらしかった」

先制点を決めたチェルシーのフェルナンド・トーレス(右) [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグが11日に行われ、ルビン・カザンとチェルシーが対戦。敵地に乗り込んだチェルシーは2-3で敗れたが、2試合合計5-4で、ベスト4進出を決めた。

 先制点を決めたチェルシーのスペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、以下のようなコメントを残した。『UEFA.com』が伝えている。

「(自身のゴールは)フランク・ランパードのパスがすばらしかったね。相手GKが飛び出すタイミングも早くて、決定的なチャンスになった。1-0の状況なら、ルビン・カザンは前に出ざるを得ないから、自分たちのペースで戦えるようになった。最終的な結果は望みどおりとはいかなかったけど、勝ち進んだことで十分だよ」

ヨーロッパリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA