FOLLOW US

ルビン・カザン、勝利も及ばず…チェルシーがELベスト4進出

2試合合計5-4でチェルシーがベスト4進出を決めた [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグが11日に行われ、ルビン・カザンとチェルシーが対戦した。

 アウェーでのファーストレグを1-3で落としているルビン・カザンは、ホームにチェルシーを迎えた一戦でも、難しい展開を強いられる。開始5分、チェルシーのランパードが自陣からロングパスを送ると、DFラインの裏へ抜けだしたフェルナンド・トーレスが素早く反応。ペナルティーエリアの外へ飛び出したGKセルゲイ・リジコフの頭上を越すループシュートを冷静に決められ、先制点を許してしまった。

 早々とビハインドを負ったルビン・カザンは、主導権を握ることができず、前半を0-1で終えた。

 後半に入ると、スコアが激しく動く。51分、右サイドからのクロスに反応したルビン・カザンのイバン・マルカノがヘディングシュートを決め、1-1の同点に。しかし、同点ゴールから4分後にはラミレスとのワンツーで中央を抜け出したチェルシーのヴィクター・モーゼスに右足で決められ、勝ち越されてしまう。

 チェルシーが2点目を奪ったことで、ルビン・カザンが勝ち抜けを決めるには、残り時間で4得点以上が必要となった。勝負は決したかと思われたが、ルビン・カザンは諦めない。62分、左サイドからのクロスにギョクデニズ・カラデニズが頭で合わせて2-2。さらに、75分には、アレクサンドル・リャザンツェフがセサル・アスピリクエタに倒されて得たPKを、ベブラス・ナチョが豪快に決めて、3-2と逆転に成功した。

 逆転突破のために必要な残り2得点を狙ってルビン・カザンは攻め込むが、さらなる追加点は生まれず。試合は3-2で終了。2試合合計4-5で、ルビン・カザンの敗退が決まった。

 一方、セカンドレグで敗れながらも勝ち抜けを決めたチェルシーは、イングランド勢唯一のベスト4進出となった。ヨーロッパリーグ準決勝の組み合わせ抽選は、日本時間の12日19時から行われる。

ヨーロッパリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA