FOLLOW US

シュトゥットがELでラツィオに先勝許す…岡崎、酒井はフル出場

相手選手と競り合うシュトゥットガルトの岡崎慎司(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦ファーストレグが7日に行われ、日本代表FW岡崎慎司、DF酒井高徳の所属するシュトゥットガルトとラツィオが対戦。岡崎、酒井ともに先発出場した。

 シュトゥットガルトはホーム戦に臨むと、16分に岡崎がダイビングヘッドでゴールを狙うが、得点には至らない。すると、21分にラツィオのエデルソンにゴールを割られ、先制点を奪われてしまう。前半終了間際の42分にも、岡崎が再びダイビングヘッドを放ったが、シュートは外れた。1点ビハインドのまま後半を迎えると、56分にも再び失点。カウンターからオゲニー・オナジに中央突破を許し、ドリブルシュートからゴールネットを揺らされてしまった。

 リードを2点に広げられたが、63分にも岡崎が決定機をつかむ。ラツィオDFを背負いながらゴール前でボールを受けると、反転してシュートを放つが、わずかにゴールを外してしまい点差を詰めることはできなかった。

 追いかけるシュトゥットガルトは、ボールを支配したが最後まで得点できずにタイムアップを迎え、ホームでのファーストレグを0-2で落とした。ラツィオのホームで行われるセカンドレグは、14日に開催される。なお、岡崎と酒井はともにフル出場していた。

[写真]=Bongarts/Getty Images

チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント全29試合をWOWOWで独占生中継・ライブ配信!
無料トライアルも実施中!
>>詳しくはこちら

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO