2013.02.21

インテル指揮官「プレッシャーを恐れていたら、監督は務まらない」

ストラマッチョーニ
インテルを指揮するストラマッチョーニ監督

 インテルのアンドレア・ストラマッチョーニ監督が、21日に行われるヨーロッパリーグの決勝トーナメント1回戦セカンドレグを控えて前日会見に出席。自身の解任ついての質問を一蹴した。クラブの公式HPが伝えている。

 会見で「プレッシャーを感じていたり、解任されることを恐れているか」と問われたストラマッチョーニ監督は、「インテルの監督である以上、プレッシャーはベンチに座った初日からあった」と返答。続けて、自身の重圧に対する考えを明かした。

「ただ、このレベルで毎回プレッシャーを恐れていたら、監督なんて務まらないよ。もちろん、プレッシャーはかなりある。フィオレンティーナ戦に負け、批判されても仕方はない。 しかし、我々はヨーロッパリーグとミランとのダービーで良い結果を出すことを期待しているんだ。それで、前に進んでいくよ」

 インテルは、21日にルーマニアのCFR1907クルイとアウェーで対戦。ホームでのファーストレグは、2-0で制していた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る