2013.01.31

ELでサポーターが人種差別行為のラツィオに1700万円の罰金

 UEFA(欧州サッカー連盟)の規律委員会は30日、ラツィオ、トッテナム、マリボルの3チームに罰金を科すと発表した。

 UEFAは、2012年12月6日にスロベニア行われたEL(ヨーロッパリーグ)のグループリーグ、マリボル対ラツィオの一戦でラツィオサポーターが、人種差別行為及び花火の使用、非スポーツ的行為を行ったとして、5万ユーロ(約620万円)の罰金をラツィオに科した。また、同じ試合でマリボルにも運営の不手際とサポーターが花火を使用したとして、1万7000ユーロ(約210万円)の罰金処分が言い渡されている。

 ラツィオは、2012年11月22日のELグループリーグでホームにトッテナムを迎えた際にも、サポーターの人種差別行為、花火の使用、非スポーツ的行為があり、クラブにもチームのスタジアム到着の遅れと、試合に臨むメンバー表提出の遅れがあったため、UEFAから9万ユーロ(約1100万円)の罰金を科された。トッテナム側も同試合でサポーターが暴れたとして1万ユーロ(約120万円)の罰金となっている。

 なお、3クラブとも3日以内に異議申し立てを行うことができる。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
フライブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
グラナダ
10pt
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ボローニャ
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング