2012.12.07

アシストの長友に伊紙が高評価「1分も経たずに、仕事を果たす」

アシストを記録した長友

 ヨーロッパリーグのグループリーグ最終節が6日に行われ、グループHでは、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとネフチ・バクーが対戦。長友はベンチスタートとなったが、後半に途中出場し、直後に勝ち越しゴールのアシストを記録した。

 試合終了間際に同点に追いつかれ、インテルは2-2の引き分けに終わったが、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、長友に「6.5」と高評価を与えた。また、同紙では長友のプレーについて、以下のようにコメントしている。

「左サイドハーフで投入されると1分も経たず、仕事を果たす。ボールを要求し、リヴァヤにクロスを放った。前節のパレルモ戦のようにこの試合も、途中出場で攻撃を活性化。クロスバーを強く叩くシュートも打っている」

[写真]=原田亮太

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る