2012.12.07

インテルのカンビアッソ「トーナメントで恐れる対戦相手はない」

キャプテンマークを巻いて出場したカンビアッソ [写真]=原田亮太

 ヨーロッパリーグのグループリーグ最終節が6日に行われ、グループHの日本代表DF長友佑都の所属するインテルはネフチ・バクーが対戦。2-2の引き分けに終わったが、インテルは決勝トーナメント進出を決めている。この試合、キャプテンを任されたアルゼンチン代表MFエステバン・カンビアッソは「若手がデビューしたのが嬉しい」とコメント。またオランダ代表MFウェスレイ・スナイデルの問題について問われると、試合の話しだけにすべきだとコメントを控えた。クラブ公式HPが伝えている。

「(決勝トーナメントで)特に恐れる対戦相手はないね。アウェーゲームで移動負担が少ないことが大事だと思う。今夜の試合は結果はともかくとして、数多くの若手選手がサン・シーロでプレーできたことがよかった。みんな素晴らしいパフォーマンスで、3−1や4−1の結果になってもおかしくなかった」

「ポジションについては監督が決めた通りにやるだけだよ。僕の長所は、何よりもチームを優先させることができる精神を持っていること。チームのために献身するのが当たり前だろう。いずれにせよ、(この日はDFとしてプレーしたが)DFは少年時代にやっていたポジションだし、これまでも緊急状態のときは務めていたこともあるしね」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る