2012.11.09

ELパルチザン戦で前半のみ出場の長友、伊紙は及第点以上の評価

長友佑都
伊紙からまずまずの評価を得た長友

 ヨーロッパリーグ第4節が8日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルはパルチザン・ベオグラードと対戦し、3-1で勝利した。インテルは2試合を残し、グループリーグ突破を決めている。なお、長友は左サイドバックで先発し、ハーフタイムで交代した。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が試合の採点を発表し、長友には「6.5」(10点満点)とまずまずの評価を与えた。

 同紙は、「ナガトモと対峙した(ラザル)マルコヴィッチは何度も自分のポジションを離れた。パルチザン指揮官にとっては評価できない動き。一方、ナガトモはマルコヴィッチの背後をつき、精力的に走った。恐れを抱かす、疲労も感じさせない動きをみせた」と寸評し、長友の動きを評価している。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
レヴァークーゼン
31pt
ライプツィヒ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る