FOLLOW US

EL初勝利のシュトゥットが最下位からGL2位浮上…岡崎、酒井は先発出場

 ヨーロッパリーグのグループリーグ第4節が8日に行われ、グループEではコペンハーゲンと日本代表FW岡崎慎司とDF酒井高徳の所属するシュトゥットガルトが対戦した。岡崎と酒井はともに先発出場している。

 ここまで未勝利のシュトゥットガルトはアウェー戦に臨むと、スコアレスで迎えた75分にヴェダド・イビシェヴィッチが先制点を奪取。左サイドのアーサー・ボカが入れたクロスにヘディングで合わせて、コペンハーゲンゴールを破った。

 終盤にリードを得たシュトゥットガルトは、後半ロスタイムにもマルティン・ハルニクのミドルシュートで加点。2-0と敵地で完封勝利を挙げた。なお、岡崎は惜しいシュートを放つシーンもあったが、無得点で86分に途中交代。酒井はフル出場した。

 大会初勝利を挙げたシュトゥットガルトは、1勝2分け1敗の勝ち点5で最下位から2位に浮上。グループEでは、ステアウア・ブカレストがモルデを下して、勝ち点10で首位。シュトゥットガルトが2位、勝ち点4のコペンハーゲンが3位で続き、勝ち点3のモルデが最下位となっている。

ヨーロッパリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA