2012.10.26

アウェーで引き分けたトッテナム監督「グループは混戦状態が続く」

ドローの結果に相手チームを称えるトッテナムのビラス・ボアス監督

ヨーロッパリーグのグループリーグ第3節が25日に行われ、グループJのトッテナムは敵地でスロベニア王者のマリボル・ブラニクと対戦した。試合は42分にマリボル・ブラニクのFWロベルト・ベリッチが先制。トッテナムは58分にMFギルフィ・シグルズソンの得点で追いついている。トッテナムのアンドレ・ビラス・ボアス監督は試合後、「グループは混戦状態を継続している」とコメントした。クラブ公式HPが伝えている。

「前半、我々は調子を上げられなかったが、後半から復調して試合の優勢を保ってくれたのは良かった。良い試合をしたマリボルを祝福したい。2人のストライカーが前線で常に脅威となっていたね」

「引き分けでこのグループは混戦状態が続くことになった。我々は2つのホームゲームと一つのアウェーを残している。首位は射程圏内だ。マリボルから勝利を得ることはできなかったが、次のホームでの再戦はしっかりと仕事をするよ」

 この結果を受けてグループJの首位は勝ち点5のラツィオに。マリボルが勝ち点4の2位。そしてトッテナムは勝ち点3の3位に位置している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る