FOLLOW US

レヴァークーゼンがELでラピッド・ウィーンに4発快勝…細貝はフル出場

 ヨーロッパリーグのグループリーグ第3節が25日に行われ、グループKではラピッド・ウィーンと日本代表MF細貝萌が所属するレヴァークーゼンが対戦。細貝は先発出場した。

 敵地に乗り込んだレヴァークーゼンは、37分にゴンサロ・カストロのCKをフィリップ・ボルシャイトがヘディングで叩き込み先制点を奪取。1点リードで迎えた後半にも、56分にカストロ、59分にカリム・ベララビと立て続けにゴールネットを揺らして、リードを広げる。

 レヴァークーゼンは、後半ロスタイムにカストロが再び得点して、4-0と完封勝利。グループリーグ第3節を終え、2勝1分けの勝ち点6となった。なお、細貝はフル出場している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO