2012.10.05

主力温存のインテルが敵地で危なげなく勝利…長友は出番なし/EL

 ヨーロッパリーグ・グループリーグ第2節が行われ、日本代表DF長友佑都が所属するグループHのインテルはアウェーでネフチ・バクー(アゼルバイジャン)と対戦し、3-1で勝利を収めた。長友はベンチ入りしたものの、出場なしに終わっている。

 ウェスレイ・スナイデルやアントニオ・カッサーノら主力メンバーを遠征メンバーから外し温存したインテル。長友は遠征メンバーに入ったものの、ベンチスタートとなった。

 若手中心のメンバーで試合に臨んだインテルは、前半から格の違いを見せつける。10分、コウチーニョのゴールで先制すると、30分にはジョエル・チュクマ・オビが追加点。42分にも追加点を奪い、3-0で前半を折り返す。

 後半に入り、53分に1点を返されたインテルだが、その後は危なげない試合運びを見せて試合終了。グループリーグ初勝利を収め、1勝1分けの勝ち点4とした。インテルは次節、25日にホームでパルチザンと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る