2018.12.22

今夜鹿島と対戦…リーベル・プレートについて知っておきたい7つのこと

リーベル・プレート
鹿島と対戦するリーベル・プレート [写真]=AMA/Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 22日に行われるFIFAクラブワールドカップ2018の3位決定戦で、アジア王者の鹿島アントラーズと南米王者のリーベル・プレートが激突する。両チームが対戦するのは、今回が初めて。大一番を前に、リーベル・プレートについて知っておきたい7つのことを紹介する。

■100年以上の歴史を持つ名門クラブ
クラブ創設は1901年。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスを拠点とし、11月11日と12月9日のコパ・リベルタドーレス決勝で対戦したボカ・ジュニオルスと共に国内の人気を二分する。「リーベル・プレート」のクラブ名は、ブエノスアイレスを流れるラ・プラタ川(Rio de la Plata)の英語表記が「River Plate(リバー・プレート)」だったから。スペイン語で「リーペル・プレート」と呼ばれ、「リーベル」の略称で親しまれている。

■リーグ優勝は最多36回
これまでに、アルゼンチンリーグを36回制覇。これはボカ・ジュニオルスの33回を上回る最多記録になる。また、南米王者を決めるコパ・リベルタドーレスを4度制覇(1986、1996、2015、2018)。アルゼンチンのインデペンディエンテ(7回)、ボカ・ジュニオルス(6回)、ウルグアイのペニャロール(5回)に次ぐ優勝回数を誇る。クラブ世界一に輝いたのは、過去1度だけ。1986年にFIFAクラブワールドカップの前身にあたるインターコンチネンタルカップを制し、初の世界王者となった。

■わずか1敗で南米王者に
4度目の優勝を果たしたコパ・リベルタドーレスでは、大会を通じて1度しか負けなかった。フラメンゴ(ブラジル)などが同居したグループステージは、3勝3分けの無敗で1位通過。ラウンド16以降は、ラシン・クラブ(アルゼンチン)、インデペンディエンテ(アルゼンチン)、グレミオ(ブラジル)、そしてボカ・ジュニオルスと対戦したが、試合に敗れたのはグレミオとの準決勝ファーストレグ(0-1)だけだった。トータル14試合で、7勝6分け1敗。19得点9失点という成績で南米王者に輝いた。

■数々のスター選手を輩出

ファルカオ、イグアイン

かつてリーベルでプレーしたファルカオ(左)とイグアイン(右) [写真]=Getty Images


ビッグクラブでありながら選手育成を重視しており、下部組織から何人ものスター選手を輩出している。現役選手だけでも、ハビエル・マスチェラーノ(河北華夏)、ゴンサロ・イグアイン(ミラン)、エリック・ラメラ(トッテナム)、ラダメル・ファルカオ(モナコ)らが“リーベル”出身だ。現在チームを率いるマルセロ・ガジャルド監督も、クラブOBの一人。なお、レアル・マドリードを指揮するサンティアゴ・ソラーリ監督は、現役時代にリーベル・プレートでプロデビューを果たしている。

■指揮官のタイトル獲得数は歴代1位タイ

マルセロ・ガジャルド監督

リーベルを率いるガジャルド監督 [写真]=FIFA/Getty Images


マルセロ・ガジャルド監督は現役時代、中盤の司令塔として活躍。欧州では、モナコとパリ・サンジェルマンでプレーし、アルゼンチン代表では2002年の日韓大会を含む2度のワールドカップ出場歴を持つ。2011年にウルグアイのナシオナルで監督デビューを果たしたあと、2014年6月に古巣リーベル・プレートの指揮官に就任。以降、2度のコパ・リベルタドーレス優勝を含めて、9つのタイトルを獲得している。タイトル獲得数は、現役時代に横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)でもプレーし、Jリーグの初代得点王に輝いたラモン・ディアス氏と並んで、クラブ歴代最多だ。

■3年前にはサンフレッチェ広島と対戦

サンフレッチェ広島対リーベル

かつてリーベルはクラブW杯で広島と対戦 [写真]=Getty Images


リーベル・プレートは、3年前に日本で開催されたFIFAクラブワールドカップに出場。準決勝ではサンフレッチェ広島と対戦し、ルーカス・アラリオのゴールで1-0の勝利を挙げた。当時もガジャルド監督がチームを指揮。今大会のメンバーに選出されているDFホアナン・マイダナ、MFレオナルド・ポンシオ、FWロドリゴ・モラの3選手は先発出場していた。鹿島アントラーズとサンフレッチェ広島では、選手の顔ぶれもサッカースタイルも異なるが、日本のチームのことはよく理解しているはずだ。

■注目選手
▼レオナルド・ポンシオ

レオナルド・ポンシオ

リーベルのキャプテンを務めるポンシオ [写真]=FIFA/Getty Images


キャプテンを務めるベテランMF。過去にスペインのサラゴサでプレーした経験を持ち、リーベル・プレートには2007年から2009年、そして2012年から現在に至るまで2度にわたって在籍している。2015年のFIFAクラブワールドカップにも出場。熱いハートの持ち主で、決勝でバルセロナに敗れたあとにはピッチ上で悔し涙を流した。今大会も優勝の可能性はなくなったが、36歳となった今も闘争心むき出しのプレーでチームを鼓舞する。

▼エセキエル・パラシオス

エセキエル・パラシオス

レアル行きが噂されるパラシオス [写真]=Getty Images


今年9月の国際親善試合グアテマラ戦でアルゼンチン代表デビューを果たした、期待の新星。リーベル・プレートの下部組織出身で、2015年からトップチームでプレーしている。パス能力に優れ、空中戦にも強いMFとして、今大会終了後にレアル・マドリードへ移籍することが濃厚となっており、今回の一戦がリーベル・プレートでのラストゲームとなる可能性が高い。

▼フアン・キンテーロ

フアン・キンテーロ

リーベルを南米王者に導くゴールを決めたキンテーロ [写真]=Getty Images


卓越したテクニックを持つコロンビア代表レフティー。今夏のロシア・ワールドカップでは、日本代表が作った壁の下を抜く見事なフリーキックを決めた。スペインで行われたコパ・リベルタドーレス決勝セカンドレグでもゴールを決めるなど、大舞台に強い。現在はポルトからのレンタルでリーベル・プレートに在籍中。その契約期間は今月末までとなっているため、彼もまた今回の一戦がリーベル・プレートのユニフォームを着てプレーする最後の試合になる。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る