2018.12.20

鹿島戦のMVPはベイル! 11分間でハット達成…レアルを決勝戦に導く

ギャレス・ベイル
大活躍のベイル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、鹿島アントラーズ戦の最優秀選手(MVP)に選出された。

 19日のクラブ・ワールドカップ準決勝で、レアル・マドリードは鹿島アントラーズと対戦。ベイルはたった11分間で3得点を挙げ、レアル・マドリードを3-1勝利に導いていた。

 今年、すでにチャンピオンズリーグ決勝のMVPにも選ばれているベイル。今回クラブW杯準決勝でもMVPを受賞することとなり、重要な試合で決定的な役割を果たしている。試合後、ベイルは鹿島戦の勝利を次のように分析した。

「今日最も重要なのは勝利したことだと思う。僕たちは素晴らしいチーム相手の難しい試合になることを分かっていたからね。3ゴールを決めたことはとても大事なことだけど、決勝に進出するためにチームを助けられことの方がより重要だ。僕たちには新たなタイトルを獲得するチャンスがあるし、決勝に進出できて幸せだよ」

「明日から対戦相手のことを分析しその準備を開始する予定だ。それは自分たちが獲得できるタイトルのひとつであるし、クラブや僕にとって重要なことだ。僕たち全員がチャンピオンになるために仕事に励んでいるよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る