2018.12.19

アル・アインが南米王者破り決勝へ…塩谷司のアシストにカイオがゴール

クラブW杯
白熱した試合となったリーベル・プレート対アル・アイン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 18日、FIFAクラブワールドカップ2018準決勝が行われ、アル・アインがPK戦の末リーベル・プレートを下した。なお、元サンフレッチェ広島の塩谷司は左サイドバックでフル出場し、元鹿島アントラーズのカイオの同点弾をアシストするなど勝利に貢献した。

 準決勝から登場の南米王者リーベル・プレートと、開催国王者で塩谷司カイオを擁するアル・アインの対戦。試合はリーベルのペースかと思われたが開始早々の3分、アル・アインがオウンゴールから先制に成功した。

 しかしリーベルも黙っていない。11分と16分に立て続けにゴールを決め逆転した。アル・アインはその後2度のビッグチャンスを獲得。しかしVAR(ビデオ判定)の結果、相手ボールとなるなど、厳しい時間が続いた。

 リーベル・プレートの1点リードで後半に折り返すと51分、左サイドでボールを持った塩谷が右前方のスペースにパスを出すと、カイオが受けてカットイン。DFを外して素早く右足を振り抜き、ゴール左に同点弾を決めた。

 しかし70分、アル・アインはPKを献上し、リーベルが勝ち越すと思われたが、ゴンサロ・マルティネスがこれを失敗。アル・アインは助けられた。

 その後、どちらにも好機があるものの得点は生まれず90分間を終え、延長戦でも決着がつかず。試合の行方はPK戦に委ねられた。

 先攻のアル・アインは、1人目のカイオと2人目の塩谷を含む5人全員が成功。すると迎えたリーベル5人目ペレスのシュートを、アル・アイン守護神エイサがストップ。この結果、アル・アインが決勝進出を決めた。

 決勝進出を果たしたアル・アインは、19日に行われる鹿島アントラーズ対レアル・マドリードの勝者と激突する。

【スコア】
リーベル・プレート 2-2(PK:4-5) アル・アイン

【得点者】
0-1 3分 ベリ(OG)(アル・アイン
1-1 11分 ボレー(リーベル・プレート
2-1 16分 ボレー(リーベル・プレート
2-2 51分 カイオアル・アイン

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
フライブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
10pt
ビジャレアル
8pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
10pt
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング