2018.12.13

日本のチカラを世界に示せ! Jリーグ勢、クラブワールドカップ激闘の歴史

数々の熱戦が生まれるクラブW杯 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFAクラブワールドカップ2018がアラブ首長国連邦(UAE)で開幕した。アジア王者・鹿島アントラーズは15日、北中米カリブ王者・グアダラハラと激突する。その鹿島は2016年大会で決勝に進出し、欧州王者・レアル・マドリードと延長戦までもつれ込む熱戦を繰り広げた。クラブW杯におけるJリーグクラブの戦いを振り返る。

2007年 浦和レッズ

[写真]=Getty Images

登録メンバー
1 山岸範宏
2 坪井慶介
3 細貝萌
4 田中マルクス闘莉王
5 ネネ
6 山田暢久
8 小野伸二
9 永井雄一郎
11 田中達也
12 堤俊輔
13 鈴木啓太
14 平川忠亮
16 相馬崇人
17 長谷部誠
18 小池純輝
19 内舘秀樹
20 堀之内聖
21 ワシントン
22 阿部勇樹
23 都築龍太
27 西澤代志也
28 加藤順大
30 岡野雅行
監督 オジェック

試合結果
準々決勝:浦和レッズ 3-1 セパハン
【浦】永井雄一郎 ワシントン OG 【セ】カリミ

準決勝:浦和レッズ 0-1 ミラン
【ミ】セードルフ

3位決定戦:浦和レッズ 2-2(PK 4-2)エトワール・サヘル
【浦】ワシントン×2 【エ】フレジュ シェルミティ

開催国枠ではなく、アジア王者としてクラブW杯に初出場。カカやピルロ、インザーギらを擁する欧州王者・ミランには敗れたが、PK戦の末に3位決定戦を制し、見事3位に輝いた。

2008年 ガンバ大阪

[写真]=Getty Images

登録メンバー
1 松代直樹
2 中澤聡太
5 山口智
6 福元洋平
7 遠藤保仁
8 寺田紳一
9 ルーカス
10 二川孝広
11 播戸竜二
13 安田理大
14 平井将生
16 佐々木勇人
17 明神智和
18 ロニー
19 下平匠
20 倉田秋
21 加地亮
22 藤ヶ谷陽介
23 武井択也
24 星原健太
27 橋本英郎
29 木村敦志
30 山崎雅人
監督 西野朗

試合結果
準々決勝:ガンバ大阪 1-0 アデレード・ユナイテッド
【ガ】遠藤保仁

準決勝:ガンバ大阪 3-5 マンチェスター・U
【ガ】山崎雅人 遠藤保仁 橋本英郎 【マ】 ヴィディッチ C・ロナウド ルーニー×2 フレッチャー

3位決定戦:ガンバ大阪 1-0 パチューカ
【ガ】山崎雅人

前年度の浦和に続き、アジア王者として出場。マンチェスター・U戦ではド派手な打ち合いを演じ、大きなインパクトを残した。その後の3位決定戦で勝利を収め、2年連続でJリーグ勢が3位となった。

2011年 柏レイソル

[写真]=Getty Images

登録メンバー
1 桐畑和繁
2 中島崇典
3 近藤直也
4 酒井宏樹
5 増嶋竜也
6 パク・ドンヒョク
7 大谷秀和
8 澤昌克
9 北嶋秀朗
10 レアンドロ・ドミンゲス
11 林陵平
13 兵働昭弘
15 ジョルジ・ワグネル
16 稲田康志
17 安英学
18 田中順也
19 工藤壮人
20 茨田陽生
21 菅野孝憲
22 橋本和
28 栗澤僚一
29 水野晃樹
32 山中亮輔
監督 ネルシーニョ

試合結果
開幕戦:柏レイソル 2-0 オークランド・シティ
【柏】田中順也 工藤壮人

準々決勝:柏レイソル 1-1(PK 4-3)モンテレイ
【柏】レアンドロ・ドミンゲス 【モ】スアソ

準決勝:柏レイソル 1-3 サントス
【柏】酒井宏樹 【サ】ネイマール ボルジェス ダニーロ

3位決定戦:柏レイソル 0-0(PK 3-5)アル・サッド

J1昇格1年目でリーグ優勝を果たし、勢いそのままオークランド・シティ、モンテレイを撃破。しかしながら、ネイマールやガンソらを擁した南米王者・サントスに勝利とはならなかった。

2012年 サンフレッチェ広島

[写真]=Getty Images

登録メンバー
1 西川周作
2 ファン・ソッコ
4 水本裕貴
5 千葉和彦
6 青山敏弘
7 森崎浩司
8 森崎和幸
9 石原直樹
11 佐藤寿人
13 増田卓也
14 ミキッチ
15 高萩洋次郎
16 山岸智
18 平繁龍一
20 石川大徳
21 原裕太郎
22 横竹翔
24 森脇良太
25 大崎淳矢
27 清水航平
30 辻尾真二
33 塩谷司
35 中島浩司
監督 森保一

試合結果
開幕戦:サンフレッチェ広島 1-0 オークランド・シティ
【広】青山敏弘

準々決勝:サンフレッチェ広島 1-2 アル・アハリ
【広】佐藤寿人 【ア】ハムディ アブトレイカ

5位決定戦:サンフレッチェ広島 3-2 蔚山現代
【広】山岸智 佐藤寿人×2 【蔚】OG イ・ヨン

現在は日本代表を率いる森保監督のもとJ1で初優勝。青山の決勝点で開幕戦を制したが、準々決勝でアル・アハリ戦に敗れ、惜しくも南米王者・コリンチャンスとの対戦は叶わなかった。

2015年 サンフレッチェ広島

[写真]=Getty Images

登録メンバー
1 林卓人
4 水本裕貴
5 千葉和彦
6 青山敏弘
8 森﨑和幸
9 ドウグラス
11 佐藤寿人
13 増田卓也
14 ミキッチ
16 山岸智
18 柏好文
19 佐々木翔
21 廣永遼太郎
22 皆川佑介
24 野津田岳人
25 茶島雄介
27 清水航平
28 丸谷拓也
29 浅野拓磨
30 柴﨑晃誠
33 塩谷司
34 高橋壮也
37 宮原和也
監督 森保一

試合結果
開幕戦:サンフレッチェ広島 2-0 オークランド・シティ
【広】皆川佑介 塩谷司

準々決勝:サンフレッチェ広島 3-0 マゼンベ
【広】塩谷司 千葉和彦 浅野拓磨

準決勝:サンフレッチェ広島 0-1 リーベル・プレート
【リ】アラリオ

3位決定戦:サンフレッチェ広島 2-1 広州恒大
【広】ドウグラス×2 【広】パウリーニョ

2012年以来2度目の出場となった広島は準々決勝を突破し、準決勝で南米王者・リーベル・プレートと対戦。結果は0-1で敗れたが善戦を繰り広げた。ドウグラスの2発で広州恒大を下して3位となった。

2016年 鹿島アントラーズ

[写真]=Getty Images

登録メンバー
1 櫛引政敏
3 昌子源
6 永木亮太
8 土居聖真
10 柴崎岳
11 ファブリシオ
13 中村充孝
14 ファン・ソッコ
16 山本脩斗
17 ブエノ
18 赤崎秀平
20 三竿健斗
21 曽ヶ端準
22 西大伍
23 植田直通
24 伊東幸敏
25 遠藤康
29 川俣慎一郎
32 杉本太郎
33 金崎夢生
34 鈴木優磨
35 平戸太貴
40 小笠原満男
監督 石井正忠

試合結果
開幕戦:鹿島アントラーズ 2-1 オークランド・シティ
【鹿】赤崎秀平 金崎夢生 【オ】キム・デウク

準々決勝:鹿島アントラーズ 2-0 マメロディ・サンダウンズ
【鹿】遠藤康 金崎夢生

準決勝:鹿島アントラーズ 3-0 アトレティコ・ナシオナル
【鹿】土居聖真 遠藤康 鈴木優磨

決勝:鹿島アントラーズ 2-4 レアル・マドリード
【鹿】柴崎岳×2 【レ】ベンゼマ C・ロナウド×3

開催国王者として快進撃を続け、決勝でレアル・マドリードと激突。柴崎の2得点で欧州王者を追い詰めたが、延長戦の末に敗れ優勝とはならず。それでも勇敢な戦いぶりは世界中から称賛された。

2017年 浦和レッズ

[写真]=Getty Images

登録メンバー
1 西川周作
2 マウリシオ
3 宇賀神友弥
4 那須大亮
5 槙野智章
6 遠藤航
7 梅崎司
8 ラファエル・シルバ
9 武藤雄樹
10 柏木陽介
13 高木俊幸
15 長澤和輝
16 青木拓矢
18 駒井善成
20 李忠成
21 ズラタン
22 阿部勇樹
23 岩舘直
25 榎本哲也
30 興梠慎三
38 菊池大介
39 矢島慎也
46 森脇良太
監督 堀孝史

試合結果
準々決勝:浦和レッズ 0-1 アル・ジャジーラ
【ア】マブフート

5位決定戦:浦和レッズ 3-2 ウィダード・カサブランカ
【浦】マウリシオ×2 柏木陽介 【ウ】ハダッド ハジュージ

10年ぶり2度目のクラブW杯は初戦で完封負け。欧州王者・レアル・マドリードが待つ準決勝進出とはならなかった。それでもマウリシオの2発などで5位決定戦を制し、アジア王者の底力を示した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る