2018.12.11

クラブW杯開幕戦、佐藤隆治主審ら日本人審判団が担当…相楽・山内両副審も

佐藤隆治
クラブW杯開幕戦を担当することが決まった佐藤隆治主審 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本サッカー協会(JFA)は11日、FIFAクラブワールドカップ UAE 2018開幕戦の審判団が発表され、アル・アイン(UAE)とチーム・ウェリントン(ニュージーランド)の一戦を佐藤隆治主審、相楽亨副審、山内宏志副審が担当することになったと発表した。

 クラブW杯の開幕戦は、開催国王者のアル・アインとオセアニア王者のチーム・ウェリントンが激突。現地時間12日19時30分(日本時間12日24時30分)キックオフで、アル・アインのハッザーア・ビン・ザーイド・スタジアムにて開催される。

 今回のクラブW杯には両クラブのほか、北中米カリブ海王者のグアダラハラ(メキシコ)、アフリカ王者のエスペランス(チュニジア)、南米王者のリーベル・プレート(アルゼンチン)、欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)、そしてアジア王者の鹿島アントラーズ(日本)が出場。鹿島の初戦は15日の準々決勝で、グアダラハラと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る