2018.04.19

コンフェデ杯が中止に…クラブW杯も毎年開催から4年に1度へ変更

レアル・マドリード
昨年クラブW杯初の連覇を果たしたレアル・マドリード [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFA(国際サッカー連盟)は、FIFAコンフェデレーションズカップを廃止し、FIFAクラブワールドカップに置き換えることを発表した。19日、『THE DAILY STAR』が伝えている。

 これまで、W杯の前年などにナショナルチームが参加して行われていたコンフェデレーションズカップ。第1回大会は1992年にサウジアラビアで開催され、昨年はロシアで第10回大会が行われていた。しかし、同大会を最後に廃止となるようだ。

 また、現在はレアル・マドリードが史上初の連覇中であるFIFAクラブワールドカップは、2005年から毎年開催されていたが4年に1度となり、開催時期も12月から6月に変更。これにより、Jリーグの選手たちはシーズン中に、ヨーロッパでプレーする選手たちにとってはシーズンオフ中に行われることとなった。

 なお、今年のFIFAクラブワールドカップは開催されるが、来年から毎年開催は中止となる。以降は、ワールドカップの1年前に18日間の日程で行われる予定となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る