2013.12.18

完敗を受け入れるリッピ監督「対抗する術を持っていなかった」

リッピ
完敗を認めたリッピ監督 [写真]=FIFA via Getty Images

 モロッコで開催されているFIFAクラブ・ワールドカップ2013の準決勝が17日に行われ、アジア代表の広州恒大(中国)はヨーロッパ代表のバイエルン(ドイツ)と対戦し、0-3で敗戦した。広州恒大を率いるマルチェロ・リッピ監督が試合を振り返っている。敵将のコメントをバイエルンのクラブ公式HPが伝えた。

 リッピ監督は「世界最強のチームとの差は歴然だった。バイエルンは常に試合を支配する。我々は彼らに対抗する術を何も持っていなかった。明らかに劣っていた」と述べ、敗戦を受け入れていた。

 その一方で、同監督は「チームに不満はない。(監督就任から)約1年半で、クラブ・ワールドカップ準決勝の舞台に立つことなど想像していなかった」とコメント。決勝進出は逃したものの、アジアを制して同大会の準決勝まで勝ち上がったことに胸を張った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る