FOLLOW US

クラブW杯開幕…ラジャ・カサブランカが劇的勝利で開幕戦を制す

準々決勝進出を決めたラジャ・カサブランカ [写真]=Getty Images

 クラブの世界一を決めるFIFAクラブ・ワールドカップ2013が11日にモロッコで開幕。開催国枠で出場したラジャ・カサブランカ(モロッコ)とオセアニア代表のオークランド・シティ(ニュージーランド)が1回戦で激突した。

 試合は39分、裏に抜け出したムフシン・ヤジュールのゴールでラジャ・カサブランカが先制。しかし、オークランドも64分にカウンターからチャンスを作る。相手DFの連携ミスを見逃さず、ロイ・クリシュナがシュートを決めて同点に追い付いた。

 1-1のまま終盤に突入すると、後半アディショナルタイムにドラマが生まれる。左サイドを崩したラジャ・カサブランカは、アブデリラ・ハフィディが決勝ゴールを奪取。このまま試合は終了を迎え、2-1で勝利を収めたラジャ・カサブランカが、モンテレイ(メキシコ)との準々決勝に進出した。なお、オークランド・シティ所属のDF岩田卓也はフル出場している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO