FOLLOW US

クラブ世界一を逃したチェルシー「最後まで全力で戦った」/クラブW杯

初のクラブ世界一をあと一歩で逃したチェルシー

『TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン2012』の決勝が16日に行われ、ヨーロッパ代表のチェルシーと南米代表のコリンチャンスが対戦。コリンチャンスが1-0で勝利して、クラブ世界一に輝いた。

 試合後、チェルシーのフアン・マタとダヴィド・ルイスが以下のように敗戦を振り返った。

フアン・マタ
「コリンチャンスのサポーターは大勢いたが、ピッチ上では11人対11人なので、特に影響はなかったと思う。自分たちは最後まで全力で戦った。勝つために来たので勝ちたかったが、コリンチャンスには心からおめでとうと言いたいね」

ダヴィド・ルイス
「勝負を分けたのは、得点できたかどうか。コリンチャンスがゴールを決めて勝ち、我々はゴールできなかったので負けてしまった。チャンスはあったが得点できなかったので残念だよ。人生は今後も続くので、日々努力を続けていくしかないね。一晩泣いて過ごせば敗戦は忘れることができる。明日は別の日だよ」

[写真]=足立雅史

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO