FOLLOW US

クラブ世界一のコリンチャンス監督「サポーターに恩返しができた」/クラブW杯

サポーターと喜びを分かち合うコリンチャンスのチテ監督

『TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン2012』の決勝が16日に行われ、ヨーロッパ代表のチェルシーと南米代表のコリンチャンスが対戦。コリンチャンスが1-0で勝利して、クラブ世界一に輝いた。

 コリンチャンスのチテ監督は試合後、以下のように勝利を振り返った。

「全サポーターに恩返しができた。チームを励まし、日本までついてきてくれた。ここまで来られなかったサポーターもいるが、気持ちではついてきてくれた。彼らに恩返しできた。個人的には家族に恩返しができた」

「チームワークの勝利。各メンバーの歯車がうまくかみあった。その結果、この優勝がある。いろいろな要素があって、すべてを言い切れないが、スタッフを含めたチームワークの勝利」

「苦しいときにもフロントは自分を信じてくれた。彼らは自分の仕事を信じてくれて、苦しいときも耐えてくれた。感謝しきれない思いがある」

「前半はいくつかのチャンスがあったが、チェルシーはスピードのある選手を中心にカウンターを仕掛けてきた。我々はマーキングを調整して対応した。ラミレス、(フランク)ランパードを消す必要があった。スタッツからも、コリンチャンスがすごく良かったと証明できると思う。後半、少し落ちたが、流れの中で点を取ることができた。選手たちが、とても冷静に戦ってくれた」

「相手をリスペクトしながら、タイトルを狙った」

「優勝するチームとは少しずつ作っていくもの。長い間、監督を続けていれば、チームとしての考えが固まってくる。ボールを持ったときに、選手はどこに出せばいいかが自然に分かる。チームとは時間をかけて作り上げるもの」

「今日の試合で驚いたのは、(ラファエル)ベニテス監督がライトなチームで入ってきたこと。前の試合はフィジカル的にもっと強いチームだったと思う」

「サポーターはチームと一緒にプレーするもの。チームに元気がないとき、サポーターがエネルギーを与えてくれる。コリンチャンスは激しいゲームをするのが当たり前なので、サポーターもとても情熱的。時に情熱的すぎるかもしれないが(笑)」

「2010年のワールドカップの時にこの(クラブワールドカップ)トロフィーの側で写真を撮った。今、こうして手に入れることができて安心している(笑)」

「コリンチャンスの勝利は、個人技よりチーム力が大切で、チームワークが個人技を上回るということを証明したと思う。サッカーでは、互いの協力が一番大切だし、それが今日のコリンチャンスの勝利の要因」

[写真]=足立雅史

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO