2012.12.14

準決勝敗退のモンテレイ指揮官「北米、南米のサッカーはもっと成長できる」/クラブW杯

敗戦にも前を向くモンテレイのブセティク監督

『TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン2012』の準決勝が13日に行われ、ヨーロッパ代表のチェルシーと北中米カリブ代表のモンテレイが対戦した。チェルシーはフアン・マタ、フェルナンド・トーレスなどのゴールで3-1と快勝を収めた。勝利したチェルシーは、16日に行われる決勝戦で南米代表のコリンチャンスと激突する。

 試合に敗れたモンテレイのビクトル・ブセティク監督は、以下のように試合を振り返った。

「今日のような形で負けるのは悔しい。努力はしたが、集中力を欠く場面があった。本当に悔しい」

「ヨーロッパのレベルは世界一。選手の雇用形態もいいし、戦術、技術、メンタルの部分で優れたクラブがそろっている。チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、バルセロナといったクラブには世界のトップ選手がそろう。ただ、北米、南米のサッカーはもっともっと成長できると思う。レベルが上がることで、より優秀な選手を獲得できるだろうし、大陸間の差はなくなっていくと思う」

「チェルシーがすべて上だったと言うこともできるが、同等に戦えた時間帯もある。ただし、後半すぐにゴールを奪われ、反撃に時間が掛かった。チャンスはあったが、リズムを取り戻し、自分たちのサッカーをする時間がなかった。今日はパーフェクトなプレーが必要だったが、自分たちの力を出し切れなかった」

「(3位決定戦に向けて)プロとして、自分たちに課せられた仕事をするだけ。次の試合は絶対に勝つ。この大会のために準備をしてきた。だからこそ、次の試合に絶対に勝ちたいと思う」

「(初戦より攻撃力を発揮できなかったが?)試合開始から消極的だったから。少しずつ取り戻したが、相手が強かった。自分たちのプレーをさせてもらえなかった。後半立て続けの失点も痛かった。あの2失点で勝負がついてしまった。韓国のクラブよりも今日の相手のほうが強かった」

[写真]=足立雅史

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る