2012.12.13

広島の“相撲パフォーマンス”が世界で紹介…英紙「こういう喜び方も必要」

広島の相撲パフォーマンスが世界でも話題に

『TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン2012』の5位決定戦が12日に行われ、開催国代表の広島とアジア代表の蔚山が対戦。広島が3-2と逆転勝ちを収めて、世界5位に入った。

 この試合の56分、広島の2点目となったFW佐藤寿人が得点を決めた後、選手が隊列を組み、四股を踏んで張り手をする“相撲パフォーマンス”を行った。このゴールパフォーマンスが世界で伝えられている。

 イギリス紙『デイリーメール』は、広島の選手がパフォーマンスをした際の表情に注目し、「選手たちの顔はさわやかで幸せそうで、トップレベルの試合で戦えることの喜びを楽しんでいるようだった」と伝えている。また、近年のプレミアリーグでは、「情熱的な喜びの表現方法は誇れる」と伝える反面、「怒りやメッセージを主張するパフォーマンスが増えているため、こういった喜び方も必要なのではないか」と論評している。

 イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』の電子版は、広島のゴールシーンとパフォーマンスを動画で掲載。「サンフレッチェ広島、喜びの相撲スタイル」とタイトルをつけて紹介している。

[写真]=足立雅史

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る