2012.12.07

手応えを感じるオークランドの岩田拓也「通用する部分もあった」/クラブW杯

左サイドバックで出場した岩田

『TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン2012』の開幕戦が6日に行われ、開催国代表の広島とオセアニア代表のオークランド・シティが対戦した。

 66分に中盤でボールを受けた青山敏弘がミドルシュートを決め、広島が1-0で勝利を手にした。広島は9日に行われる準々決勝で、アフリカ代表のアルアハリと対戦する。

 以下、オークランド・シティの岩田拓也のコメント。

岩田拓也
「Jリーグ王者の広島は強いチームでした。ただ、手が届かないほどの差は感じなかったですし、通用する部分もあったと思います」

「自分たちのサッカーはまだ発展途上。これからが大切だと思います。サッカーは楽しむものとみんなが言っている。日本でサッカーの楽しさを忘れかけていたけど、海外で思い出すことができた」

「有給は試合で使い切ってしまいましたが、会社が休みをくれました。給料はでないですけどね(笑)」

[写真]=足立雅史

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
9pt
アーセナル
6pt
レスター
5pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
フライブルク
6pt
レヴァークーゼン
6pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
レアル・マドリード
4pt
バジャドリード
4pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング