2012.12.07

主将の佐藤寿人「ストライカーとして目に見える結果を出したい」/クラブW杯

何度かチャンスを作った佐藤

『TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン2012』の開幕戦が6日に行われ、開催国代表の広島とオセアニア代表のオークランド・シティが対戦した。

 66分に中盤でボールを受けた青山敏弘がミドルシュートを決め、広島が1-0で勝利を手にした。広島は9日に行われる準々決勝で、アフリカ代表のアルアハリと対戦する。

 以下、主将の佐藤寿人のコメント。

「特別な舞台ではあるけど、1年間Jリーグを通してやってきたこと、自分たちのサッカーを出せた。一発決めたかったけど、それは次のチャンスに期待します」

「相手がアマチュアということで、勝たなきゃいけないという難しさがあった。ただ、相手が格下という気持ちはなかったし、こういう舞台に来るチームですし、試合になればアマチュアという見方、意識はなかった」

「(青山については)ベストイレブンに選ばれて自信もあるだろうし、人とは違ったことをやりたいという選手。(あの場面は)打つなと思いました。横から見ていたけど、チームメートもびっくりするくらいのゴールでした。あのゴールを見ることができて、一サッカーファンとしてうれしかったです(笑)」

「クラブのエンブレム、日の丸もついているし、日本を代表して戦うという意識がある。Jリーグのレベルが測られる責任もある。ただ、もちろん楽しみたいし、個人的にはストライカーとして目に見える結果を出したいと思う。でないと、(日本)代表というものも見えてこない。チャンスはゼロじゃないし、Jで出した結果とはまた違い、世界の舞台で結果を出したい。そのためにも次も絶対に勝利したいと思います」

[写真]=足立雅史

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ブレーメン
17pt
バイエルン
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
ラツィオ
18pt
欧州順位をもっと見る