2012.12.07

決勝点の青山敏弘「無回転ミドルは完璧。本田圭佑も認めるレベルだった」/クラブW杯

決勝点を決めた青山はミドルシュートについて「完璧」と話した

『TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン2012』の開幕戦が6日に行われ、開催国代表の広島とオセアニア代表のオークランド・シティが対戦した。

 66分に中盤でボールを受けた青山敏弘がミドルシュートを決め、広島が1-0で勝利を手にした。広島は9日に行われる準々決勝で、アフリカ代表のアルアハリと対戦する。

 以下、決勝点を決めた広島の青山のコメント。

「Jリーグの戦いから変えたことはありません。攻撃的、全員が攻撃に絡むのが広島のスタイルだし、そのおかげで自分も得点に絡める。もっと点が入ってもおかしくない展開だったし、僕が決めなくても点は入っていたと思う」

「自分たちらしさを出せた。(無回転ミドルシュートは)完璧でした。本田圭佑も認めるレベルだったと思います。自分でもびっくりするくらい最後に落ちた。あそこに何かいたんでしょうね」

「広島らしい攻めで点を取るチャンスは、次の試合でもあると思います」

[写真]=足立雅史

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る