FOLLOW US

CLフォーマットの“大改革”が正式決定…2024-25シーズンから適応

CLのフォーマットが大幅に変更される [写真]=Getty Images

 UEFA(欧州サッカー連盟)は10日、2024-25シーズンから適応されるチャンピオンズリーグ(CL)の新フォーマットを発表した。

 主な変更点は2つ。1つ目は出場チーム数が現行の32チームから36チームに増える点だ。新たに増える4チームは以下のように決定される。

・UEFA国別ランキングで5位の国のリーグ戦3位チームに1枠(現在だとリーグ・アンの3位クラブが対象)
・予選ラウンドの通過枠を4チームから5チームに増加
・前シーズンのヨーロッパ大会で好成績を残した2つの国(欧州大会参加クラブのランキングポイント合計÷参加クラブ数)に対して、出場枠を1つ追加

 2つ目は、現行のグループステージ制の廃止だ。「スイス式トーナメント」による、全36クラブで争われるリーグ戦方式が採用される。リーグ戦の段階で参加クラブは最低8試合を戦うこととなり、うち4試合がホーム、4試合がアウェイでの開催。対戦相手の決定方法までは細かく言及されていないものの、全36クラブに平等となるように対戦相手が振り分けられる。具体的には、クラブランキングや前年度の成績に基づいて36クラブを9つのグループに分け、自身の所属するグループ以外の8クラブと対戦する形式が予想されている。

 リーグ戦の上位8チームがノックアウトステージに進出し、9位から24位のチームはホームアンドアウェイ形式のプレーオフに回ることとなる。プレーオフに勝利した8チームを加えた16チームで、ノックアウトステージが実施される。

 なお、同フォーマットはヨーロッパリーグ(EL)、ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)にも適応される。ELはリーグ戦8試合、ECLはリーグ戦6試合の戦いとなり、どちらの大会も36チームが参加する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO