FOLLOW US

ビジャレアルに惜敗…バイエルンGKノイアー「みんな必死に戦った。だからこそ余計に苦しい」

CL準々決勝2ndレグ・ビジャレアル戦の敗因を語った、バイエルンのノイアー [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグが12日に行われ、バイエルンとビジャレアルが対戦。試合は1-1で終了し、2戦合計スコア2-1でビジャレアルが16年ぶりのCL準決勝進出を果たした。

 本拠地『アリアンツ・アレーナ』にビジャレアルを迎えたバイエルンは、後半になってスコアを動かす。52分、ビジャレアルの守備ラインから送られたパスをカットすると、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがボックス中央で上手くシュートコースを作って先制弾をマークした。

 その後もビジャレアルゴールに襲いかかるバイエルンだったが、なかなか追加点を奪うことができない。すると、アディショナルタイム突入直前の88分にビジャレアルのナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼに痛恨の同点ゴールを献上。試合は1-1で終了したが、ビジャレアルがバイエルンを2戦合計スコア2-1で下した。

 試合後、バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーががインタビューに対応。その内容を、13日にバイエルンのクラブ公式サイトが伝えている。

 ノイアーは「全体的に、今日の僕たちは決して劣っていなかったと思う。多くのチャンスを作ったけど、より良いパフォーマンスを見せることができなかった」と、手にした決定機を活かせなかった点を悔やんだ。

「得点できる場面が4回ほどあったはずだ。“レヴィ”(レヴァンドフスキの愛称)はそのうちのひとつを決めたけど、(トーマス・)ミュラーに2回、(ジャマル・)ムシアラに1回チャンスがあったね。残念ながら2点目を決められなかったけど、それが僕たちに足りないところなのだろう」

「最終局面において相手にチャンスを与えてしまったね。でも、基本的に今夜のチームはとても支配的なパフォーマンスを見せていたと思うよ」

「スタジアムのファンも含めて、ピッチに立つ全員が次ラウンド進出のためにすべてを捧げていた。みんなが必死になって戦っているのが伝わってきたからこそ、この結果は余計に苦しいね」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO