FOLLOW US

昨季EL王者ビジャレアルはドロー発進…一時逆転もアタランタに終盤の同点弾許す

激しく競り合うディアとトロイ [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第1節が14日に行われ、ビジャレアル(スペイン)とアタランタ(イタリア)が対戦した。

 昨季ヨーロッパリーグ王者のビジャレアルの本拠地で行われた一戦は、序盤にアウェイのアタランタが先制する。右からのクロスを中央でドゥバン・サパタが収めると、落としに反応したレモ・フロイラーが右足を振り抜く。このシュートがポストを叩いてネットを揺らし、アタランタが幸先よくリードを手にした。

 リードを奪われたビジャレアルも徐々に盛り返すと、34分にジェラール・モレノがチャンスを迎えるもGKフアン・ムッソのセーブに阻まれる。そして迎えた39分、左サイドを抜け出したアルフォンソ・ペドラサが中央へ折り返すと、コースの変わったボールを最後はマヌ・トリゲロスが右足で押し込み、ビジャレアルが前半のうちに試合を振り出しに戻した。

 そして同点のまま推移した73分、ビジャレアルは敵陣でダニ・パレホがボールを奪うと、G・モレノのラストパスから途中出場のアルノー・ダンジュマがボレーシュート。これがゴール突き刺さり、ついにホームのビジャレアルが逆転に成功した。

 しかしアタランタも反撃に転じる。右サイドからヨシップ・イリチッチが右足で中央へのボールを送ると、アレクセイ・ミランチュクが触ったところを最後はロビン・ゴセンスが決めて、再びゲームは同点となった。

 試合はその後、ビジャレアルのフランシス・コクランが2枚目のイエローで退場となるも、スコアは変わらず終了。ビジャレアルとアタランタの対決は、2-2の痛み分けとなった。

 次節、ビジャレアルは29日にアウェイでマンチェスター・Uと、アタランタはホームでヤング・ボーイズと対戦する。

【スコア】
ビジャレアル 2-2 アタランタ

【得点者】
0-1 6分 レモ・フロイラー(アタランタ)
1-1 38分 マヌ・トリゲロス(ビジャレアル)
2-1 73分 アルノー・ダンジュマ(ビジャレアル)
2-2 83分 ロビン・ゴセンス(アタランタ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO