FOLLOW US

リュディガー、負傷したデ・ブライネに謝罪「早期回復を祈っている」

CL決勝で交錯したデ・ブライネとリュディガー [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するDFアントニオ・リュディガーが、試合中に交錯したマンチェスター・Cのベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネに謝罪した。

 チェルシーは29日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝でマンチェスター・Cと対戦。同試合に先発出場していたリュディガーは56分にデ・ブライネと交錯。顔面を負傷したデ・ブライネはプレー続行不可能となり、涙ながらに途中交代を余儀なくされていた。

 負傷したデ・ブライネは検査の結果、鼻骨および左眼窩底の骨折と診断されたことを自身の公式ツイッターで発表。「今は問題ないよ。昨日のことは本当に残念だったけど、また戻ってくるさ」と明かしている。

 試合は1-0で勝利し、CL王者に輝いたリュディガーだが、負傷交代となったデ・ブライネの様子は心配していた模様だ。リュディガーは自身の公式ツイッターで、「デ・ブライネのケガについては本当に申し訳なく思っている」と謝罪し、「もちろん、あれは意図的なものではなかった。すでにケヴィンには個人的に連絡を取ったが、彼の早期回復を心から祈っているし、またすぐにピッチの上で彼を見られることを願っている」とつづった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO