FOLLOW US

マフレズ、マンCのPK問題に言及「今日は僕だったというだけ」

ドルトムント戦でPKを決めたマフレズ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cに所属するアルジェリア代表MFリヤド・マフレズが、ドルトムント戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 CL準々決勝セカンドレグが14日に行われ、マンチェスター・Cはドルトムントと対戦。15分に先制を許したものの、55分にマフレズがPKを決めて追いつくと、75分にはフィル・フォーデンのゴールで勝ち越し、2-1で勝利。2試合合計4-2として、2015-16シーズン以来、5シーズンぶり2度目の準決勝進出を果たした。

 貴重なPK弾で勝利に貢献したマフレズは試合後、「僕たちはそれほどうまくスタートすることができなかったが、その後に試合を本当に良く支配することができた。もっと多くのゴールを奪って勝利することに値していた。PKを蹴ることにはいつもプレッシャーがある。それがCLの準々決勝の場面はより多くなる」と振り返った。

 また、マンチェスター・Cは昨シーズンからPK失敗が相次ぎ、今シーズンもPKキッカーは固定できていない。ジョゼップ・グアルディオラ監督は先日、ブラジル代表GKエデルソンがPKキッカーの第一候補になる可能性があると語るなど、PKが一つの問題となっていた。それでも、ドルトムント戦ではマフレズが成功させて、重要な得点を挙げた。

 PK問題についてマフレズは「経験を積むと、最後のPKで何をミスしたかわかるようになる。成長していくしかない。僕はキャリアでいくつかの失敗をしたことがあるが、PKには多くのことを取り組んできた。強く蹴ったことでGKは触ることができなかった。このゴールは僕たちにとってとても重要だった。誰かが蹴らないといけないもので、今日は僕だったというだけだ」と深刻な問題ではないことを強調した。

 ベスト4入りを果たしたマンチェスター・Cは準決勝でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦する。マフレズは「僕にとっては非常に特別な試合となる。なぜなら、僕はパリで生まれ育ったからね。彼らと対戦するのを嬉しく思っている」と語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO