FOLLOW US

ペップ、マンC就任後初のCL準決勝進出に歓喜「素晴らしい気分」

CL準決勝進出を果たしたマンチェスター・C [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝進出に喜びを語った。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 CL準々決勝セカンドレグが14日に行われ、マンチェスター・Cはドルトムントと対戦。15分に先制を許したものの、55分にリヤド・マフレズがPKを決めて追いつくと、75分にはフィル・フォーデンのゴールで勝ち越し、2-1で勝利。2試合合計4-2として、2015-16シーズン以来、5シーズンぶり2度目の準決勝進出を果たした。

 2016-17シーズンからマンチェスター・Cの指揮を執るグアルディオラ監督にとっては就任後初の準決勝進出となった。試合後、グアルディオラ監督はイギリスメディア『BT Sport』で「素晴らしい気分だよ。我々が準決勝に進むのは2回目で、このクラブには多くの歴史がない。だが、それは我々が作り上げ始めるものだ」と喜びを口にした。

「準決勝に進めたことはとても嬉しい。ヨーロッパのベスト4チームになった。前半の最後30分間と後半のプレーの出来は素晴らしかった。個性を示すことができたし、ボールを回すこともできた」

 また、同試合ではフォーデンがゴールを決めた後にベンチへと駆け寄り、グアルディオラ監督らと抱き合いながら喜ぶ姿が見られた。その瞬間について聞かれた同監督は「彼(フォーデン)はベンチへと走って来て私を見つけた。私は彼に『よくやった。いいシュートだった。ありがとう』と言ったんだ」と明かし、「あれは今シーズンここまで達成してきたことのために一生懸命働いてきたクラブ全員のための抱擁だった。我々がやったことは信じられないことだ。今はただ回復して、祝うだけだ。その後にどうなるか見ていこう」と語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO