FOLLOW US

「あの試合が原因で…」実父を新型コロナで亡くした男性、3月の“アンフィールド決戦”開催を非難

開催の是非が問われている、リヴァプール対アトレティコ戦 [写真]=Getty Images

 3月11日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16セカンドレグのリヴァプールアトレティコ・マドリード戦は、依然として大きな話題を呼んでいる。父親のリチャード・モーソン氏を新型コロナウイルスによって亡くした息子のジェイミー氏は、リヴァプールの本拠地『アンフィールド』で行われた試合こそが実父の死因だと確信しているようだ。2日に、スペインのラジオ局『カデナ・セール』が報じている。

 人々が密集した時に新型コロナウイルスの感染爆発が起こることは、すでに周知の事実となっている。リヴァプール対アトレティコ戦は、イギリスやスペインにおける新型コロナウイルス感染拡大の要因になったと指摘されているが、リチャード氏は『アンフィールド』を訪れ試合を観戦していたという。その後、リチャード氏は新型コロナウイルスに感染し、残念ながら帰らぬ人となった。息子のジェイミー氏は、“アンフィールド決戦”こそが実父の死因だと考えており、試合を中止しなかった政府の決断を嘆いた。

「父がいつ発症し、いつ亡くなったのかを考えれば、『アンフィールド』での試合が感染の引き金になったのは99パーセント間違いないよ。明らかにあの試合は、ウイルスを拡散させてしまう危険性をはらんでいた。イギリス政府は『何も問題ない』と言っていたのに、1週間もしないうちに突然ロックダウン(都市封鎖)を宣言したんだ」

 なお、コンサルタント会社『エッジヘルス』は、リヴァプール対アトレティコ戦を開催したことで、41人が新型コロナウイルスに感染し死亡した可能性があるという調査報告を行っている。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA