FOLLOW US

再開、打ち切り…UEFAのチェフェリン会長が今後の展望を語る「今のままでは…」

チェフェリン会長が展望を語った [写真]=Getty Images

 欧州サッカー連盟(UEFA)の会長を務めるアレクサンデル・チェフェリン氏が、サッカー活動の再開についてコメントした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 新型コロナウイルスの影響により多くのサッカー活動が中断している。オランダやフランスなど大規模イベントの開催不可を政府が決めたことから打ち切りとなったリーグや、プレミアリーグなどの再開を目指すリーグ、そして再開したブンデスリーガなど、国によって決定が異なっている。

 チェフェリン会長は今回、チャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)の再開時期、各国の状況について次のようにコメントしている。

「アイデアはあるが、UEFAの執行委員会が日程を確認するのを待たなければならない。今のままでは、8月にはヨーロッパのシーズンは終わると言える。今の状況では、ヨーロッパのシーズンやコンペティションを終えることができると確信している。ほとんどのリーグがシーズンを終えると思う。もしそうしないのであればそれは彼らの決断だ。欧州のUEFAコンペティションに出場するためには、予選を行わなければならない」

 フランス政府の決定によりフランス国内でのイベントは禁止されている。しかし、パリ・サンジェルマンとリヨンはCLでの試合が残っているため、今後どのような対応がとられるのか注目が集まっている。同会長は、以下のようにコメントし展望を語った。

「パリ・サンジェルマンとリヨンはフランスで試合をしなければならない。もしそれが不可能なら、中立的な立場で組織しなければならない。自国でプレーできないのであれば、中立的な場を用意しなければならない。フランス当局が観客なしで試合を行うことを許可しなかった理由はわからないが、今後見てみよう。それは私の手に負える問題ではないからね」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA