FOLLOW US

トーナメントに強いチームは? 4大リーグ国内カップ戦、決勝進出回数ランキング

[写真]=Getty Images

 今なお世界で猛威を振るう新型コロナウイルス。欧州4大リーグは中断が続き、各国のカップ戦も延期を余儀なくされている。

 4月18日は本来、コパ・デル・レイの決勝が開催される日だった(試合は延期。代替日程は未定)。ファイナルまで上り詰めたのは、ともにスペインのバスク州に本拠を構えるアスレティック・ビルバオとレアル・ソシエダ。前者は5年ぶり、後者に至っては32年ぶりの決勝進出であり、頂上決戦で“バスク・ダービー”が実現するのは史上初めてのことで、どんな結末を迎えたとしても、両サポーターはチームを誇りに思うことだろう。

 それでは国内カップ戦において、決勝進出回数が最も多いチームはどこなのだろうか。今回はイングランドのFAカップ、スペインのコパ・デル・レイ、イタリアのコッパ・イタリア、ドイツのDFBポカールの4大会を対象に調査。昨シーズンまでに開催されたFAカップ138回、コパ・デル・レイ117回、コッパ・イタリア72回、DFBポカール76回分のデータを集計した。

 果たして、1位に輝いたのは――。トップ10をランキング形式で紹介する。

[写真]=Getty Images

▼9位タイ 17回

バレンシア(スペイン)

2018-19シーズン優勝時

 コパ・デル・レイの決勝進出回数は17回を数え、8度の優勝を誇る。昨シーズンは5連覇を狙っていたバルセロナを決勝で下し(2-1)、2007-08シーズン以来、11年ぶりの大会制覇を達成。クラブ創設100年目の記念イヤーに花を添えた。

ローマ(イタリア)

2006-07シーズン優勝時

 ローマはコッパ・イタリア史上2番目に多い17度の決勝進出を経験。9度の優勝も歴代2位の記録である。2004-05シーズンからは4年連続でインテルと決勝で激突。最初の2年は敗れたものの、2006-07、2007-08シーズンは優勝し、クラブ史上2度目のコッパ・イタリア連覇を成し遂げた。

▼8位 18回

ユヴェントス(イタリア)

2017-18シーズン優勝時

 ローマを上回り、コッパ・イタリア決勝に最も多く進出しているのがユヴェントスだ。これまで決勝に駒を進めること18回、うち13回で頂点に立った。決勝では70%以上の勝率を誇っている。昨シーズンは決勝でラツィオに敗れたものの、2014-15シーズンから前人未到の4連覇を成し遂げた。

▼7位 19回

アトレティコ・マドリード(スペイン)

2012-13シーズン優勝時

 これまでにコパ・デル・レイ決勝を19回戦っているアトレティコ。そのうち5回はレアル・マドリードとのダービーマッチであり、4勝1敗と圧勝している。直近の対戦は2012-13シーズン。レアルの本拠地サンティアゴ・ベルナベウに乗り込むと、延長戦の末に勝利を収めた。公式戦では14年ぶりのダービー白星であり、通算10度目となるコパ・デル・レイ王者に輝いた。

▼5位タイ 20回

アーセナル(イングランド)

2016-17シーズン優勝時

 1871年に創設された世界最古のカップ戦「FAカップ」でNo.1の優勝回数を誇るのが、アーセナルだ。決勝に駒を進めた20大会のうち13大会で優勝。2000-01シーズン以降の優勝回数も最多の6度を数える。ちなみに監督としてトップの優勝回数を記録しているのが、アーセン・ヴェンゲル氏。1996年から22年にわたってアーセナルを指揮し、7度の優勝を経験した。

マンチェスター・U(イングランド)

2015-16シーズン優勝時

“赤い悪魔”はアーセナルと並ぶ20回の決勝進出回数を誇り、1980年代から90年代にかけては6度の優勝を果たすなど無敵を誇った。しかし、21世紀以降は5度決勝に駒を進めながら、頂点に立ったのは2003-04シーズンと2015-16シーズンの2回のみ。優勝回数は「12」と、アーセナルよりも1回少ない。

▼4位 23回

バイエルン(ドイツ)

2018-19シーズン優勝時

 ブンデスリーガのクラブで唯一、ランクインしたのがバイエルンだ。過去76回開催されているDFBポカールで、23度にわたって決勝に進出。30%以上の確率で決勝へと駒を進めている。また大会史上最多の優勝回数(19)を誇り、決勝での勝率は8割超えを達成。21世紀以降も9度にわたってチャンピオンに輝くなど、カップ戦でも強さを発揮している。

▼3位 37回

アスレティック・ビルバオ(スペイン)

2014-15シーズン決勝時スタメン

 1903年から始まったコパ・デル・レイの“初代王者”であるアスレティック・ビルバオ。大会史上2番目に多い23回の優勝を誇り、1930年から成し遂げた4連覇はバルセロナ、レアル・マドリードと並ぶ大会記録となっている。今シーズンは2014-15シーズン以来のファイナル進出を達成。36年ぶりの大会制覇まであと一歩のところに迫っている。

▼2位 39回

レアル・マドリード(スペイン)

2013-14シーズン優勝時

 レアルはこれまでコパ・デル・レイ決勝に39度進出。過去117回を数える同大会において、3回に1回の割合でファイナルへと駒を進めている。ただ決勝での成績は芳しくなく、19勝20敗と負け越し。優勝回数は、アスレティック・ビルバオ(23回)に次ぐ3位に甘んじている。

▼1位 41回

バルセロナ(スペイン)

2017-18シーズン優勝時

 国内カップ戦で最も多く決勝に駒を進めているのは、バルセロナだった。これまでにコパ・デル・レイ決勝を41回戦っており、優勝回数は歴代単独トップの30回。決勝での勝率は7割を超えている。2010-11シーズン以降は9大会中8大会でファイナルに進出し、5回優勝。2014-15シーズンからは4連覇を果たすなど、相性を良さを見せつけている。

(記事/Footmedia)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA