FOLLOW US

バルセロナ会長が無観客試合に言及。「白いハンカチが振られることも……」

エイバル戦でバルトメウ会長に向けて白いハンカチを振るサポーター[写真]=Getty Images

 バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が地元バルセロナのスポーツクラブの会合に参加し、無観客での開催が決定したUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグ、ナポリ戦について言及した。スペイン大手紙『MARCA』や『AS』の電子版が伝えている。

 CLナポリ戦は現地時間3月18日(水)にカンプ・ノウで行われる予定だが、新型コロナウイルス流行の影響により無観客で開催されることに。バルトメウ会長は「ソシオやファン、サッカー界全体に影響を与える出来事なので、非常に残念だ」としつつ、「ナポリは必ず来るだろう。無観客試合よりも深刻なのは、試合が行われなくなってしまうことだ」と語り、無観客試合の開催に一定の理解を示した。

 また、「最優先させるべきは健康面であり、当局の決定には全面的に協力する。経済的な損失は二の次だ」と前置きしながらも、「(ナポリ戦無観客開催による)経済的損失は600万ユーロ(約7億1000万円)程度になるだろう」と語った。

 なお、ここのところバルセロナではゴタゴタが続いており、2月22日に行われたラ・リーガ第25節エイバル戦ではスタンドのファンからバルトメウ会長の辞任要求を意味する白いハンカチが振られる一幕があった。『AS』紙によると、バルトメウ氏は今回の会合の席上で「私自身もロナウドがインテルに売却された時には白いハンカチを取り出したものだが、無観客試合になればハンカチが振られることはなくなる」とジョークを飛ばしていたという。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA