FOLLOW US

ホームで痛恨の敗戦も…カゼミーロは逆転に自信「それがレアル・マドリード」

セカンドレグでの逆転を誓ったカゼミーロ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属しているブラジル代表MFカゼミーロが、26日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦ファーストレグのマンチェスター・C戦を振り返った。スペイン紙『マルカ』が26日に同選手のコメントを伝えている。

 レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われた一戦は、60分にスペイン代表MFイスコが先制点を挙げ、ホームチームが先手を取った。しかし、78分にブラジル代表FWガブリエル・ジェズスに同点ゴールを許すと、83分にはベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネにPKを沈められ、1-2で逆転負けを喫した。

 カゼミーロは試合を総括し、以下のようにコメント。最後の15分間のパフォーマンスが勝敗を分けたと話している。

「まだ敗退が決まったわけではない。もしこの状況から逆転できるチームがあるとすれば、それはレアル・マドリードだ。僕たちは75分間素晴らしいプレーをして、残りの15分間はやらなければならないことをしなかった。彼らはその時間で全てを決めた。まだ何も終わっていないが、前進するために多くのことをこなさなければならない」

「詳しく説明できることは何もない。僕たちはラスト15分で強度を保つことができなかった。試合のコントロールもだ。彼らは偉大な相手で、2つのチャンスをきっちりとゴールに繋げた。弁解の余地はないね」

 また、カゼミーロは敗戦に落胆している場合ではないと主張。3月1日に行われるリーガ・エスパニョーラ第26節、バルセロナとの“エル・クラシコ”に向けて気を引き締めるべきだと語った。

「週末にはもう1試合重要な試合がある。マンチェスター・Cとの試合はもう終わったことだ。今はバルセロナ戦のことを考えなければならない。今回のようなミスは絶対にできない」

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA