FOLLOW US

1stレグはリヨン相手に完封負け…ユーヴェ指揮官は怒りを隠せず「練習と正反対のことを…」

リヨンに敗れ、怒りのコメントを残したユーヴェのサッリ監督 [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが26日に行われ、ユヴェントスリヨンに0-1で敗れた。イタリアメディア『フットボールイタリア』が、試合後にユヴェントスのマウリツィオ・サッリ監督が発したコメントを紹介している。

 敵地『グルパマ・スタジアム』に乗り込んだ一戦では、試合開始早々からリヨンにペースを握られる時間帯が続いた。31分に先制点を奪われると、なかなか反撃の一手を繰り出せないまま終盤に突入。最後は猛攻を仕掛けてゴールに迫ったが、得点が生まれることなく試合は終了。0-1でファーストレグを落とした。

 試合後、サッリ監督はチームの出来に不満を露わにした。

「選手たちに、ボールを素早く動かすことの重要性を理解させることができていない」

「理由を説明するのは難しいが、前半はボールを早く動かすことができず、動きも少なかった。あの状態では、当然相手は簡単に我々の攻撃を跳ね返すことができるし、ボールを保持し、ゴールを決めることができる。後半は多少良くなったが、率直に言ってCLという舞台では不十分な出来だった。ボールを素早く動かすのは、ごく基本的なことだ。今後も選手たちにはボールの動かし方を伝え続けていくつもりだがね」

「昨日のトレーニングで、ボールは今夜の2倍の速さで動いていたよ。こういったことは、起こってはならない。最近我々は、トレーニングとは正反対のことを試合で披露してしまっている」

 セカンドレグは、3月17日にユヴェントスの本拠地『アリアンツ・スタジアム』で行われる。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA