FOLLOW US

シメオネ監督、本拠地の雰囲気に感銘「これまでの8年間で見たことがない」

アトレティコ・マドリードを率いるシメオネ監督 [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督がリヴァプール戦を振り返った。19日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 18日に行われたCL決勝トーナメント1回戦ファーストレグでアトレティコ・マドリードはリヴァプールと対戦した。本拠地ワンダ・メトロポリターノで行われた一戦は、4分にサウール・ニゲスが挙げたゴールを守り切り、1-0で先勝した。

 シメオネ監督は試合後、「スタジアムに着いた時から試合に勝つことを予想していた」とワンダ・メトロポリターノのサポーターの後押しに感謝を語った。

「あのような歓迎は素晴らしかった。ここに来てからの8年間で、あのような反応は見たことがなかった。とても強い相手に想像していた通りの試合をすることができた。開始直後からうまく試合に入ることができ、結果を残すことができた」

「カウンターからもっと得点を挙げるチャンスもあった。我々はグループでプレーするチームだ。アタッカー陣が守備に参加しないと今日のような結果は得られなかった。全員が素晴らしい仕事をした。素晴らしい相手に、厳しく難しい試合だったが、目的が何かは明白だった」

 セカンドレグは3月11日にリヴァプールの本拠地アンフィールドで行われる。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA