2019.09.19

2点先行もセットプレーから2失点…サッリ監督「引き分けは残念」

マウリツィオ・サッリ
アトレティコ・マドリード戦を振り返ったサッリ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスを率いるマウリツィオ・サッリ監督がアトレティコ・マドリード戦で2点のリードを守れなかったことに落胆していることを明かした。18日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。


 ユヴェントスはチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節でアトレティコ・マドリードと対戦。48分にフアン・クアドラード、65分にはブレーズ・マテュイディのゴールで2点をリードした。しかし、70分にフリーキックから繋がれ1点差に詰め寄られると、90分にはコーナーキックから同点弾を許し、2-2のドローに終わった。

 サッリ監督は試合後、「長い時間試合を支配することができていたから、引き分けに終わったことは残念だ。積極性と注意力については成長しなければならない。問題は受け身になってしまったことで、調子の問題ではない。毎日のトレーニングの成果は出ていたが、このような形でゴールを奪われたことの代償を払うことになってしまった」とセットプレーからの2失点を悔やんだ。

 ユヴェントスは次節、10月1日にホームでレヴァークーゼンと対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
25pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング