FOLLOW US

痛恨のPK失敗も…ランパード監督、バークリーを擁護「彼がキッカー」

バレンシア戦でPKを失敗したチェルシーのMFバークリー [写真]=Getty Images

 チェルシーを率いるフランク・ランパード監督が、イングランド代表MFロス・バークリーについて語った。イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』が17日に伝えている。

 チェルシーは17日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節でバレンシアと対戦した。1点ビハインドで迎えた86分、チェルシーはPKを獲得。バークリーがPKキッカーを務めたが、シュートを枠の外に外してしまった。

 この時のPKキッカーを巡り、バークリーとブラジル代表MFウィリアンが口論をしているような場面が見られた。ランパード監督はバークリーへの信頼を強調し、口論についても言及した。

「ロスがPKキッカーだ。プレシーズンでもPKで得点を記録していた。彼が出場した試合では、彼が蹴ることになっている」

「会話の内容はわからない。しかし、ロスがピッチに出るまでは、ウィリアンと(イタリア代表MF)ジョルジーニョだってPKキッカーだったんだ」

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA