2019.09.18

痛恨のPK失敗も…ランパード監督、バークリーを擁護「彼がキッカー」

ロス・バークリー
バレンシア戦でPKを失敗したチェルシーのMFバークリー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーを率いるフランク・ランパード監督が、イングランド代表MFロス・バークリーについて語った。イギリスのサッカー誌『FourFourTwo』が17日に伝えている。


 チェルシーは17日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節でバレンシアと対戦した。1点ビハインドで迎えた86分、チェルシーはPKを獲得。バークリーがPKキッカーを務めたが、シュートを枠の外に外してしまった。

 この時のPKキッカーを巡り、バークリーとブラジル代表MFウィリアンが口論をしているような場面が見られた。ランパード監督はバークリーへの信頼を強調し、口論についても言及した。

「ロスがPKキッカーだ。プレシーズンでもPKで得点を記録していた。彼が出場した試合では、彼が蹴ることになっている」

「会話の内容はわからない。しかし、ロスがピッチに出るまでは、ウィリアンと(イタリア代表MF)ジョルジーニョだってPKキッカーだったんだ」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング