FOLLOW US

サッカーキング編集部がCLグループステージ突破16チームを大胆予想! 的中率100%は出るか!?

19-20シーズンのチャンピオンズリーグが17日に開幕 [写真]=Getty Images

 2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)が17日に開幕を迎える。欧州各国の王者をはじめとする強豪クラブが集結する世界最高峰の舞台では毎年、優勝候補の早期敗退や思いもよらぬ逆転劇、大躍進を遂げるチームの出現など、予想外のエピソードがたくさん生まれる。

 昨シーズン、『サッカーキング』ではCLが決勝トーナメントに入った時点で編集部メンバーによる座談会を実施し、各ラウンドの勝ち上がり、そして優勝クラブを予想。参加した4人全員が外すという失態を演じた。

 それでもユーザーの皆さんからは「来シーズンも楽しみにしています!」、「またやってください」といった温かい言葉がたくさん寄せられた。そんな優しいメッセージに背中を押された我々は、今シーズンもチャレンジすることを決意。6人の編集部メンバーが集結し、グループステージを突破する16チームを予想した。

グループステージ組み合わせ

■参加メンバー

WEBサッカーキング編集長:小松
昨季は愛するスパーズが決勝で敗れる姿を生観戦。リベンジに燃える。正解率100%のメンバーには豪華プレゼント贈呈。

編集部:本間
ユーヴェを想うが故に前回の予想会では惨敗。「予想」が「願望」にならないように注意。

編集部:加藤
チェルシーファン。昨季の予想会は急きょ不参加になったものの、実は「リヴァプール優勝」を的中させていたとか……。

編集部:タケミ
バルサ大好き。意外にも“攻め”の予想を展開する傾向。

編集部:ナナカ
リヴァプール大好きな女子編集部員。王者の余裕と溢れ出るクラブ愛に注目。

雑誌サッカーキング編集長:関口
ガナーズサポ。なぜ呼ばれたのかわからないまま参加。MCを務める。

◆グループA

パリ・サンジェルマン、レアル・マドリード、クラブ・ブルージュ、ガラタサライ

関口:「まずはPSGを1位と予想した人たちの意見から聞いていこうか」

小松:「パリは今季CLを取らないと1つの時代が終わると思うんだよね。だから相当なモチベーションで挑むはず。GKにケイラー・ナバスを獲得したのもデカい。レアルは昨季、CSKAに2敗しているし、そういう取りこぼしがあって2位通過になるんじゃないかと」

加藤:「レアルはだって……あれだけ退団するって言われていたベイルに頼ってみたり、うまくいっていない感が満載じゃないですか(笑)。それじゃ1位通過はできないんじゃないかな。失点も多いですし。PSGはなんだかんだ言って、すごいメンツが揃っていますよ」

関口:「レアル1位派の意見はどう?」

本間:「まず、小松さんはパリが今季勝たないと終わりって言いましたけど、僕の意見としてはもう、昨季勝てなかった時点でサイクルとしては終わったんじゃないかと思っているんです(笑)。ネイマールのモチベーションもどうなのかわからないですしね。なので強さに陰りが出てくるはず。レアルも調子がいいわけじゃないけど、ベイルがなんとかしてくれますよ」

タケミ:「でもベイルはいつケガするかわからない……。そんなことより今季はベンゼマがすごいんですよ。彼こそがエースです」

関口:「あれ? タケミくんは2位にガラタサライを選んでるね」

タケミ:「ふざけたわけじゃないですよ(笑)。ガラタサライはエンゾンジとかバベルとかいい選手がいるし、ファルカオも加わった。経験豊富な選手が多いので、期待できると思います」

関口:「ナカちゃんはレアル1位、PSGが2位だね」

ナナカ:「レアルはアザールがやってくれそう。やっぱりすごい選手です。パリは嫌いなんで……」

関口:「なんだその理由は!(笑)」

ナナカ:「そういう関口さんはどうしてその予想に?」

関口:「いや、なんとなく……」

◆グループB

バイエルン、トッテナム、オリンピアコス、ツルヴェナ・ズヴェズダ

加藤:「グループBは、2強の突破は堅いでしょう。どっちが1位かっていうところですね。とりあえず小松さん、熱い思いを語ってください」

小松:「スパーズはバイエルンに2勝できる! ただ、ほかで取りこぼすだろうなっていう懸念はあるんだよね。こういう、2強2弱みたいになると手を抜くから……。だから突破するなら首位なんだけど、本当につまずいたら3位ってこともありえなくはないんだよなあ……。でも今季は最初から新スタジアムでできるから、まあ大丈夫でしょう」

関口:「そのほか、トッテナム1位予想の方々のご意見は?」

タケミ:「バイエルンはここ数年、CLであまり良い結果が残せていないから、今季も苦労するんじゃないかなと」

ナナカ:「トッテナムは昨季ファイナルまでいった勢いがあると思うので」

関口:「本間くんと加藤くんはバイエルン推しなんだね」

本間:「僕はバイエルンがスパーズとの直接対決で勝ち越すと思うんですよね。1勝1分けとかで。それで最終的には勝ち点で並ぶけど、バイエルンが首位通過っていう予想です」

加藤:「レヴァンドフスキがやばいですから。絶好調です。スパーズのディフェンス陣じゃ止められないと思いますよ。あとは、バイエルンは手堅いし、格下相手に負けるイメージがないです」

◆グループC

マンチェスター・C、シャフタール、ディナモ・ザグレブ、アタランタ

関口:「続いてグループC。シティに関してはもう、なにも話さなくていいよね?(笑)」

小松:「一応、言っておくと、シティもPSGと同じで今季勝たないと終わりだと思うんだよね。むしろシティこそ、今季が本当に勝負の年だと思う。まあそんなこと関係なく、ここはシティの首位通過で決まりでしょう。で、個人的にはアタランタの2位通過に期待してる。夢があるし、アレハンドロ・ゴメスは素晴らしい選手。あとドゥバン・サパタあたりはステップアップのための就活っていう意味でアピールに燃えてるんじゃないかな」

本間:「僕も2位はアタランタで! シャフタールに勝つのはかなり厳しいだろうけど、なんとか頑張ってほしいです。もはや予想ではなく願望ですね(笑)」

加藤:「僕は、アタランタは苦労すると思うんですよ。CL初出場だし。ってことで2位はシャフタールですね。国内リーグでは開幕6連勝、19得点と強さを見せつけているし、このクラブからはフェルナンジーニョとかウィリアン、ドウグラス・コスタといったブラジルの選手がビッグクラブに羽ばたいているから、今季もすごい選手が現れるかも知れないですよ」

関口:「なんかこういう、1強がはっきりしているときのシャフタールって2位争いに強いイメージがあるよね。そんななかでタケミくんはディナモ・ザグレブを予想しているけど……」

タケミ:「ダニ・オルモがすごいんですよ。バルサのカンテラ出身の21歳で、完全にチームの主力になっています。今夏のU-21欧州選手権では準決勝、決勝でゴールを記録してスペインの優勝に大きく貢献したし、今大会の注目選手の1人ですよ」

◆グループD

ユヴェントス、アトレティコ・マドリード、レヴァークーゼン、ロコモティフ・モスクワ

関口:「グループDはちょっと難しいのかなと思ったんだけど、手堅く2強が突破するという予想になっているね」

小松:「俺はユーヴェが嫌いだから」

本間:「でた! 好き嫌いで決めるやつ(笑)」

小松:「真面目な話をするとレヴァークーゼンは正直、この2強と比べたらメンバー的に厳しいんじゃないかと」

加藤:「ブラントが抜けた穴は大きすぎますよね。アトレティコはゴディンやグリーズマンといった中心選手が移籍して、もちろんその分の補強はしたわけですけど、まだ発展途上かなという感じがするので、ユーヴェが1位抜けすると思います」

タケミ:「いやいや、ジョアン・フェリックスはやばいよ。ベンフィカにいたときからすごいとは思っていたけど、アトレティコでのパフォーマンスを見て改めて『本物だ』って思いました。ユーヴェはモスクワでやられそう……」

本間:「そこだよね。寒いところでのアウェイゲームは、いつも誰かしらケガをするっていう嫌なイメージしかない。正直、アトレティコの突破は堅いけどユーヴェはわからない。でも1位予想にしないわけにはいかないですから……」

関口:「口数が少ないナカちゃん、なにか言いたいことはある?」

ナナカ:「ユーヴェはエムレ・ジャンをCLの登録メンバーから外したんですよね? だから1位通過はできないですよ(笑)」

本間:「それはもう、ごめんなさいとしか言えない……」

関口:「とりあえずラムジー頑張れ。ラビオに負けるな」

◆グループE

リヴァプール、ナポリ、ザルツブルク、ヘンク

関口:「ナカちゃんお待たせ。グループEです」

ナナカ:「リヴァプールは王者の余裕がありますから、グループステージは首位通過しますよ。連覇に向けたモチベーションもありますし。2位はナポリですかね。昨季の対戦で1度やられているので、やはり強いと思います」

小松:「まあリヴァプールは正直、抜けてるよ。ナポリはジョレンテを取ったから2位には入るでしょう。彼はオーストリアとかベルギーとか、そういうチームに滅法強いから」

関口:「本間くんはナポリ1位の予想なんだね」

本間:「ナポリは意外とリヴァプールとの相性がいいと思うんですよ。昨季のグループステージではいずれも1-0のスコアで1勝1敗でしたけど、ホームで勝った試合は内容もすごくよかった。それにアンチェロッティ監督はCL強いですから」

関口:「一方で加藤くん、タケミくんはザルツブルクが2位、ナポリは敗退と予想しているね」

加藤:「ザルツブルクは国内で無双していて、一昨季にはヨーロッパリーグでベスト4に入るなど欧州での実績もあります。それに選手たちはアピールに燃えているでしょうから、強いと思いますよ。南野拓実選手や奥川雅也選手を含め、選手層も厚いです」

タケミ:「僕もザルツブルクは相当、モチベーションが高いと見ています。爆発力もあるので、しぶとく勝点を稼ぎつつ、2強との対戦で1つは金星を挙げるんじゃないですかね」

◆グループF

バルセロナ、ドルトムント、インテル、スラビア・プラハ

関口:「続いては“死の組”と言われているグループFです。意外にもインテル1位予想が2人いるね」

小松:「ラウタロ・マルティネスが本格的にブレイクすると思う。それとイタリアに復帰したコンテはやっぱり楽しみだなと。バルサはなんとなく取りこぼしそうな気がするし、ドルトムントは守備に不安を抱えている」

本間:「なんと言ってもコンテでしょう。1年目の彼はすごいです。バルサはメッシが復帰してもなかなか調子が上がらず……みたいな感じで出遅れて、そのまま敗退ってこともあるんじゃないかなと思います」

加藤:「僕は逆に、コンテはCLで強いイメージがないので厳しいと思いますね。今季はどちらかと言うとリーグに注力しそうだし、二足のわらじはきついですよ。コンテのサッカーは疲れますし。バルサは結局、メッシです(笑)」

タケミ:「接戦になりそうだとは思いますけど、なんだかんだでバルサが1位抜けするでしょう。インテルはここ数年、リーグでもそうだけど『今年はいけるんじゃないか』って思わせておいて結局ダメな“珍テル”って感じだった。それが今季は、“インテル入ってる”っていうか、手堅くなった感じがします(笑)。ドルトムントは小松さんも言ってましたけど、守備面が良くないですね」

小松:「ナカちゃんと関口はドルトムント1位予想か」

ナナカ:「クロップの古巣なので。サンチョに頑張ってほしいですね。トルガン・アザールにも期待です。守備がダメって言われてますけど、攻撃力でなんとかできちゃうと思います」

関口:「俺はバルサ嫌いだから……」

◆グループG

ゼニト、ベンフィカ、リヨン、ライプツィヒ

関口:「ここがある意味、一番難しいのかなっていう気がするんだけど、みんなの予想を見る限りだとリヨンが有力なのかな?」

タケミ:「リヨンは中盤の二人、リュカ・トゥサールとホッセム・オーアルがすごくいい選手なんですよ。期待を込めてっていうのもありますけど、このグループなら十分、首位通過が狙えるチームだと思います」

加藤:「リヨンは強いと思います。で、2位はベンフィカじゃないかなと。ライプツィヒはリーグ戦で調子がいいので、CLは手を抜くわけではないですけど、どうしてもリーグ戦重視になる気がします。ベンフィカはジョタ(ジョアン・フィリペ)に注目!」

関口:「小松は唯一、ゼニトの突破を予想しているね。それも首位で」

小松:「きっとアルテム・ジューバがグループステージだけで6点ぐらい取る。ってことでゼニトが1位だね。ライプツィヒは自分たちのサッカーを貫くはずで、相手がメガクラブだったらさすがに通用しない。でもこのレベルなら対等に戦えるだろうし、2位で抜けるんじゃないかな」

本間:「みんなそれぞれ、注目している選手がいるってことですね。僕はナーゲルスマン監督に期待しています。夢があるじゃないですか(笑)」

関口:「同じく」

◆グループH

チェルシー、アヤックス、バレンシア、リール

小松:「ここも意外と難しいよなあ」

加藤:「いやいや、みんなチェルシーを1位にしておけば間違いないですって。相手がプレミアのレベルじゃなければチェルシーが強さを見せつける格好になりますよ。アヤックスは戦力が思ったよりも残ったので、2位には入るでしょう」

小松:「まあ、チェルシーはホームでは手堅く勝ちそうだよね。バレンシアはゴタゴタしているけど、ロドリゴの残留はかなりデカい。タレントはいるし、チームとして結束できれば良くなっていくと思うな」

タケミ:「バレンシアはある意味、ゴタゴタに慣れているというのもありますよね(笑)。メンバーを見ると本当にいい選手が多いです。アヤックス1位の理由は加藤くんと同じく、戦力がそこまでダウンしていないんじゃないかと見ています」

本間:「でも、デ・ヨングとデ・リフトが抜かれちゃったんだよ? 超中心選手二人の穴を埋めるのは簡単じゃないはず。僕は、それぞれが取りこぼしながら団子状態になって、結局バレンシアが1位になるんじゃないかと思っています。チェルシーは失点が多いのが気になりますけど、最後はランパードがなんとかしてくれるはず」

加藤:「まさかチェルシー敗退を予想する人が二人もいるなんて…」

ナナカ:「チェルシーとはお互い“連覇”を目指す仲なので」

加藤:「ちょっとそれ、どういう意味?」

ナナカ:「3位になってヨーロッパリーグに回るってことですよ」

加藤:「いい加減にしろ!(笑)」

〜番外編〜

「俺/私の神推し」

関口:せっかく集まったから、最後にみんなの推しメンを発表しよう。注目の選手、監督から一人を選んで、理由もお願いします。

小松
アレハンドロ・ゴメス(アタランタ)
アタランタのバンディエラがついにCLの舞台に。小兵アタッカーのアグレッシブさとドリブルの切れ味、パンチ力は一見の価値あり。

本間
パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
『BBC』がスパーズへの移籍を報じたときは正直、諦めた……。でもディバラはクラブ愛を貫き残留。厳しい立場に立たされているけど、CLの舞台で爆発して信頼を勝ち取り、バンディエラになってほしい。

加藤
ユルゲン・クロップ
灼熱のモチベーターにして戦略家。昨シーズンついに完成した“ゲーゲンプレス”は現代サッカーにおける最高の戦術で、並大抵のチームでは攻略不可能。夏のメルカートで無暗に補強をせず、全幅の信頼を寄せる選手たちと2連覇を目指す。

タケミ
リキ・プッチ(バルセロナ)
リストB登録だけど、出場すれば中盤で輝きを放つことができる逸材。プレシーズンでもアピールに成功したし、何より物怖じしないキャラクターの強さが良い。

ナナカ
アレックス・オックスレイド・チェンバレン(リヴァプール)
17-18シーズンのCLで負傷して昨季はCLに1試合も出られなかったのに優勝、という苦い経験があるので、CLに懸ける思いは誰よりも強いはず。もう一度キレキレのプレーを見せてほしい。

関口
セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
ヴェンゲルの夢とロマンが詰まった「若手爆速ウインガー」。ウォルコット、チェンバレンといった「イマイチ伸び悩んだ組」と違って、世界的なブレイク間近という感じがビンビン。いつでも戻っておいで。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA