2019.06.02

CL決勝出場選手を英メディアが採点…最高評価はアリソンなどリヴァプール守備陣

英紙が両クラブの出場選手を採点した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝戦が1日に行われ、リヴァプールが2-0でトッテナムとのイングランド勢対決を制して優勝を果たした。イギリスメディア『スカイスポーツ』は、最大評価を「10」、最小評価を「1」として、両クラブの出場選手を採点した。

 最も高い評価を受けたのはリヴァプールのアリソン、フィルジル・ファン・ダイク、アンドリュー・ロバートソンといった守備陣で「8」。『スカイスポーツ』はアリソンの活躍を「トッテナムが枠内シュートを撃つのに73分かかったが、残りの時間を上手く守っていた。昨季の悲劇(レアル・マドリード戦)後、リヴァプールで大きな役割を果たした」と称えた。

 リヴァプールの多くの選手が高い評価を受ける中、ロベルト・フィルミーノが「4」と両クラブの中でも最低評価。同メディアは採点理由を「彼はボールを足に収めることができておらず、前線にパスも供給できていなかった」とした。

 一方トッテナムは、”CBコンビ”とハリー・ウィンクスが「7」でチーム内最高評価。ヤン・フェルトンゲンに関しては、「後半に入ってから良いブロックを作り、(モハメド・)サラーを阻止した」として一定の評価が与えられた。しかし同メディアは、ハリー・ケインを「開始30分でわずか5回程度しか触らなかった」と存在感を指摘し、デレ・アリを「無駄なポジション取り」として共に「4」としている。

『スカイスポーツ』によるレーティングは以下の通り。

リヴァプール
▼GK
アリソン 8

▼DF
トレント・アレクサンダー・アーノルド 7
ジョエル・マティプ 7
フィルジル・ファン・ダイク 8
アンドリュー・ロバートソン 8

▼MF
ファビーニョ 7
ジョルジニオ・ワイナルドゥム 6
(→62分 ジェイムズ・ミルナー 7)
ジョーダン・ヘンダーソン 7

▼FW
モハメド・サラー 7
ロベルト・フィルミーノ 4
(→58分 ディヴォック・オリジ 7)
サディオ・マネ 7
(→90分 ジョー・ゴメス 採点無し)

トッテナム
▼GK
ウーゴ・ロリス 6

▼DF
キーラン・トリッピアー 6
トビー・アルデルヴァイレルト 7
ヤン・フェルトンゲン 7
ダニー・ローズ 6

▼MF
ハリー・ウィンクス 7
(→66分 ルーカス・モウラ 5)
ムサ・シソコ 5
(→74分 エリック・ダイアー 5)
デレ・アリ 4
(→82分 フェルナンド・ジョレンテ 採点無し)
クリスティアン・エリクソン 6
ソン・フンミン 6

▼FW
ハリー・ケイン 4

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング