FOLLOW US

CL敗退のショックも国内二冠へ照準…デ・リフト「まだチャンピオンになれる」

デ・リフトは次のリーグ戦へ目を向けていた [写真]=Getty Images

 アヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトが、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのトッテナム戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。

 アウェイのファーストレグに1-0で勝利し迎えたこの日、5分にデ・リフトが先制点を挙げると、36分にはハキム・ツィエクが追加点をマークした。しかし、後半に入りトッテナムが攻勢に出ると、ルーカス・モウラが2ゴールを記録。アディショナルタイムには三度ルーカスがネットを揺らした。この結果、2戦合計スコアは3-3、アウェイゴール数でアヤックスの敗退が決まった。

 デ・リフトは試合後、「足下から地面が消えたかのようだった。(決勝進出に)とても近づいていた。僕たちは本当に近づいていたんだ。試合後のドレッシングルームは自然と静かだったね。どれほどの痛みか言い表すことはできないよ。僕たちは素晴らしい旅をしていたから」とコメントした。

 ユヴェントスとの準々決勝では決勝点を挙げ、チームの22年ぶりのベスト4進出に大きく貢献。19歳ながらチームを率いてきたキャプテンは、敗退のショックを受け入れられないようだ。

 それでも、「まだ(エールディビジの)チャンピオンになることができる」と、次のリーグ戦へ目を向けている。アヤックスは今季、国内カップ戦のKNVBカップを制し、タイトルを獲得。CLは敗退となり3冠を逃したが、リーグ戦では首位をキープし、2冠の可能性を残している。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA